わからないことだらけの転職活動に。キャリア形成や転職に関する疑問や不安の解決、ちょっと役立つ知識や活用術などを発信しています。
転職エージェントみんなの口コミ評判 > > クラウドワークスという異質のプレイヤーが..

クラウドワークスという異質のプレイヤーが人材紹介業へ参入するワケとは?

国内最大級のクラウドソーシングサービスを展開する「クラウドワークス」が2015年10月2日に人材紹介事業への参入を発表。Webプラットフォームサービスで培った強みをベースに転職支援サービスを開始しています。

クラウドワークスという異質のプレイヤーが人材紹介業へ参入するワケとは?


企業数10万、会員数73万人、クラウドソーシングの雄が転職支援へ


「クラウドソーシング」という言葉を聞いた事はあるでしょうか?インターネット上で働きたい人と仕事を依頼したい人とのマッチングを行い、仕事の依頼から仕事を行なってくれる人の募集、仕事の報酬の支払いに至るまでの全てをインターネット上で完結できてしまう仕組みのことです。クラウドワークスはこのサービスで国内最大級の実績を持つ事業者であり、2015年10月2日から、新たに人材サービス会社などが手掛けている転職支援サービスの世界に参入すると発表しています。


強みは培った取引企業の数や会員数だけに留まらない


クラウドワークスの強みは、クラウドソーシングという新たな働き方のできるプラットフォームを運営することで、既に利用者数(働き手)ベースで約73万人、仕事を依頼する側の企業数で約10万社を確保している点です。


また、日々のクラウドソーシングサービスの運営により、利用企業側の仕事の依頼状況や依頼内容、そして仕事を行なって報酬を得る利用者側の仕事内容や実績に至るまでの全てを把握しており、いわば企業側がどんなスキルやキャリアを持った人材を採用したいのか?働き手がどんなスキル、内容の仕事を望んでいるのか?などを活かしたマッチング、転職支援が行えるのが大きな強みになると推測されます。


結婚・出産・子育てなどを経験した女性の転職支援からスタート


今回のクラウドワークスの発表によると、まずは結婚・出産・子育てなどのライフイベントを経験した、女性の就業、転職支援を手掛けるとしています。この背景については、クラウドワークスの会員のうち、女性の比率が高いであろうこと、そして結婚や出産などのタイミングで一度は勤務した会社を退職し、自宅でクラウドワークス経由の仕事を行いながら、副次的な収入を得たり、復職に向けた活動を行なっている女性が多いであろうことが推測できます。


また、こういった女性が多くクラウドワークスの仕組みを利用している事に加え、企業側の仕事の発注、依頼内容などからある程度のニーズが見込めること、また、既に直接雇用したい、採用を支援してくれるサービスをクラウドワークスで行なってほしいという企業側からの声も直接上がってきているのではないかと思われます。特にSEやWebディレクター、コンテンツライターなど、インターネット業界に関連する職種については、企業側の採用ニーズも相当に高いものと思われます。


粗利益率が高い、人材紹介という事業


さらにクラウドワークスが人材紹介事業への参入を決めた理由を推測すると、人材紹介事業の粗利益率の高さが挙げられるのではないかと思われます。人材紹介サービスの場合、成果報酬型(企業側は人材が入社した時点で成功報酬を支払う)という仕組みが一般的ながらも、クラウドワークスの人材紹介事業の成功報酬型の単価としては、1名入社あたり50万円から150万円程度のレンジになる可能性があります。


対してクラウドソーシングという本業のサービスの悩みの種は、仕事の依頼、流通金額に対する、自社の利益率の低さにあるものと思われます。そのためクラウドソーシングという本業のサービスでは、規模を大きく拡大し続けない限りは利益金額自体が大きく上がらないものの、そこに人材紹介サービスからの売上、利益がプラスされる形になれば、クラウドワークスとしても自社で培った資産を活かしながら、新たな利益機会を得る事ができるようになります。


既存の人材紹介業者とは異なり、より柔軟な紹介が行える可能性も


考え方次第では、クラウドワークスはユニークな人材紹介サービスを行える可能性もあります。一般的な人材紹介会社であれば、履歴書と職務経歴書、そしてキャリアコンサルタントによる直接面談などの情報を手がかりに企業側へ人材の紹介を進めていきますが、クラウドワークスの場合は、会員が実際に仕事や作業を行なった履歴、実績などの情報も把握しています。


そのため、転職希望者本人の事前了解が得られるのであれば、企業側に仕事の履歴や実績を公開し、仕事ができることを証明する形で人材の紹介を行うこともできるかもしれません。この点はリスクを減らして人材を採用したい企業側の気持ちからすると、大きな興味のポイントになる可能性もあります。いずれにしても過去の人材紹介事業への参入とは全く異なるアプローチの新規参入となるため、考え方と力の入れ方次第では、人材紹介業におけるユニークなポジションのプレイヤーになれる可能性もあると思われます。


既存の人材紹介会社は、転職事例を多数蓄積しているのが強みです
転職エージェントランキング

こんな記事もチェックされています

転職サイトを比較する