わからないことだらけの転職活動に。キャリア形成や転職に関する疑問や不安の解決、ちょっと役立つ知識や活用術などを発信しています。
転職エージェントみんなの口コミ評判 > みんなが知りたい転職のこと > なぜ外資系企業は転職エージェントを使う事が多いのか?

なぜ外資系企業は転職エージェントを使う事が多いのか?

日本企業を経て、長らく外資系企業の管理職として働くある方に、「なぜ外資系企業の人材採用は、転職エージェントを利用する事が多いのか?」について、その背景や理由、考え方などを寄稿して頂きました。外資系企業内で人材採用にも携わっている経験をもとに、多くの事を解説して頂いた今回、外資系企業の志望者には役立つ内容となっています。

なぜ外資系企業は転職エージェントを使う事が多いのか?


外資系企業では新たに人材を募集する際、積極的に転職エージェントを活用する傾向があります。この理由はやはり「その方が合理的だから」という判断に因るためです。エージェント経由で人材を採用すると、求人広告などと比べて、採用に係るコスト面では不利になる、高めになる傾向があります。しかし、それでも外資系企業が転職エージェントを利用して採用を行うのは何故か?それは主に以下の理由からだと思います。


【1】エージェントは企業の社風や文化、求める人物像を把握しているのでマッチした人材を探せる
【2】エージェントで最初にマッチングが行われるので、企業は候補者を絞った効率的な面接が可能
【3】仮に候補者を不採用とする場合も、エージェントが候補者に対して上手にフォローしてくれる


上記のような点もあって、外資系企業は転職エージェントを活用するケースが多くなっていると思います。採用に係るコストは多少高くても、効率的=合理的である部分を重視しているのが外資系企業のスタイル。最もコストの部分については、外資系企業はもともとアウトソースすることで、人事部の人員自体を少なめにしている傾向なので、日本企業と比べても多くコストを使っているという訳でもないと思います。


どの転職エージェントを使っても、求人に関する情報は同じなの?


では、もしあなたが転職エージェントを利用して転職活動を行う場合、どこに登録するのが良いのでしょうか?エージェントの中には大手から、殆ど知られていない小規模なところまで多々あります。もちろん、登録している転職者が多いのは大手エージェントですが、大手エージェントなら希望する分野や企業に、必ず接触出来るという訳でもないと思います。


転職エージェントごとにも、外資系企業との「付き合いの深さ」や「得意な業界職種などの分野」があるものです。例えば食品関係に幅広いネットワークを持っている転職エージェントが、必ずしも物流関係に強いという訳でもありません。また、食品関係に強い転職エージェントでも、その中で、入社を希望する企業との付き合いが深いとは限らないものです。


より、自身の希望に合った企業へ転職するためには


上記のような点から、私としては以下のように、転職エージェントを活用する方法が良いと思います。


【1】希望する分野に強そうな大手のエージェントにまずは登録、打ち合わせを行う
【2】エージェントに扱う案件を聞き、良さそうな企業、より細分化した分野の情報を把握する
【3】そのエージェントで希望する企業に応募できそうなら、相談の上応募する
【4】希望企業につながるルートがなさそうなら、同分野に特化した他エージェントに接触
【5】希望企業に応募できそうなルートを持ったエージェントを通じ、希望先へと応募する


このように、最初は全体像を把握しながら、希望先を見つけ、応募されてみるのが良いのではないかと思います。登録する転職エージェントは一つでなくても構いません。転職エージェントごとの得意な領域を知り、積極的に活用するようにした方が良いと思います。


ちなみに外資系企業では「高い給与を払ってでも、経験や専門知識を持つ人材を採用したい」という場合は、大手エージェントだけでなく、その分野に特化した専門のエージェントに採用依頼を打診するケースも多くなっています。エージェントの規模だけでなく、そのエージェントの強みを把握するなどして、どのような外資系企業、案件情報を持っているかを知るようにしましょう。


最後にまとめ


外資系企業側がどんな風に転職エージェントを活用しているか、少しは伝わりましたでしょうか?やはり外資系企業では、外注先(エージェント)に対しても実力重視な部分があります。実力のある転職コンサルタントであれば、そのエージェントの規模の大小に関わらず、人事部としては取り引きを行います。エージェントは、規模の大小だけで評価するのではなく、実際に会って話し、担当者の人物像や実力を把握することが重要なのではないかと思います。

(寄稿:とある外資系企業の管理職さん)

外資系企業の新着求人情報(12692件)

こんな記事もチェックされています

  • TOEIC、MBA、外資系企業の面接ではどこを評価しているか?【採用する立場から語る】

    外資系企業への転職を考える場合、転職に役立ちそうな資格のイメージとして、「TOEIC」「MBA」などを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?確かに外資系企業の面接において...

新着求人を探す