わからないことだらけの転職活動に。キャリア形成や転職に関する疑問や不安の解決、ちょっと役立つ知識や活用術などを発信しています。
転職エージェントみんなの口コミ評判 > みんなが知りたい転職のこと > リクナビネクストエージェントネットワークって何?

リクナビネクストエージェントネットワークって何?

圧倒的な知名度を持つ大手転職サイト「リクナビネクスト」で、関連サービスとして「リクナビネクストエージェントネットワーク」と呼ばれるものを展開しているのはご存知でしょうか?今回はこのリクナビネクストエージェントネットワークについて詳しく解説していきたいと思います。

0125.gif


リクナビネクストエージェントネットワークとは?


リクナビネクストと言えば、正社員転職の求人情報が掲載されていて、自分で求人情報を探して、企業へ直接応募するサイト。そんな風にイメージしている求職者の方も多いのではないでしょうか?今回ご紹介するリクナビネクストエージェントネットワークは、リクナビネクストの関連サービスであり、転職エージェントからプライベートオファーが受けられる仕組みのサービスとなっています。


具体的にはリクナビネクストのスカウト会員が対象で、あらかじめプライベートオファーを希望する求職者に対して、リクナビネクストが提携する全国約300社の転職エージェントのキャリアコンサルタントから、個別に求人情報の案内が受け取れるサービスとなっています。いわば自分で適切な求人情報を探すだけでなく、転職のプロからも転職情報の提案が受けられるサービスとなっています。


利用するとどんなメリットがある?


リクナビネクストはこれまで、自分自身で求人情報を探して直接企業へ応募する、そして採用企業からのオファーメールを待つといった2つの使い方が主でした。これに新たに加わったものがエージェントネットワークであり、転職のプロである第3者の視点から、求人情報の提案が受けられるというものです。この仕組みを利用すると、例えば以下のようなメリットが得られる可能性はあります。


【1】 自分自身の情報力だけでは知り得なかった、新たな企業の求人に出会えた

【2】 求人広告を読むだけではわからなかったが、詳しく話を聞いたら見方が変わった

【3】 求人広告だけでは読み取れない、企業側の採用意欲、背景、狙いが伝わってきた

【4】 自分では無理だろうと思っていた企業も、内定の可能性があるという事がわかった

【5】 リクナビネクストには掲載されていない企業の求人情報も紹介してもらえた


上記のような各ポイントは、企業の採用活動、そして転職市場の動きを常にチェックし、どんな人物、キャリアであれば、どの企業に内定しやすいのか?といった点がわかっている転職エージェントならではのメリットです。基本的にはリクナビネクストにおける登録プロフィール、レジュメの内容に合わせた提案となるため、当初から100%希望に合致した提案が受けられるとは限りませんが、逆を言えば、登録プロフィール、レジュメの内容を詳しく記述しておけばおくほど、より精度の高い提案が受けられる事にもつながります。


利用すると何かデメリットは発生する?


リクナビネクストエージェントネットワークはもちろん無料で利用できるサービスのため、金銭的なデメリットは特にありません。また、転職活動において最も重要となる「情報収集力」を強化できるようにもなるため、良い転職先に巡り合う可能性を広げてくれる、新たな情報との接点を作ってくれるサービスではあります。ただし、強いて挙げるとすれば以下のような点には気をつけた方が良いかもしれません。


【1】利用したが、転職エージェントからのオファーがなかった


利用しても何の提案、プライベートオファーもないという場合はまず、登録プロフィール、レジュメの内容を厚くする事を心がけてみてください。いわばスカスカのプロフィールで、どんな仕事をしてきたのか、今後どんな希望を持っているのかが全くわからない場合は、転職エージェントのキャリアコンサルタントもオファーを躊躇う可能性はあります。


【2】多数の転職エージェントからオファーがあり、面倒になった


続いては逆のパターンです。引き合いの多い業界や職種、キャリアなどを持っている人の場合は、多くの転職エージェントからプライベートオファーのメールが届く事があります。これが数件程度であればじっくりと内容を吟味し、応募の有無を考える事もできるかもしれません。しかしあまりに数が増えてくると困ってしまう可能性もあるかもしれませんので、その場合はエージェントネットワークの利用を一旦止めるなどして、オファーの間隔をわざと置くのも1つの方法です。


【3】複数の転職エージェントから全く同一の転職情報の提案を受けた


続いては複数の転職エージェントから同じ転職情報のプライベートオファーが届いてしまった場合です。もしあなたがその求人情報に興味を持った場合、どちらの転職エージェントを通じて応募を行うか、迷う場面も出てくるかもしれません。その場合はより自分にとって信頼ができる、相性が良さそうと感じられる転職エージェントに任せるのが基本になります。もし判断が難しい場合は、転職エージェントのキャリアコンサルタントともう少し追加で返信、コミュニケーションを行い、対応の様子を見ながら判断していくのが良いでしょう。


リクナビネクストエージェントネットワークを利用するには?


リクナビネクストエージェントネットワークの利用は簡単です。会員登録をまだ行なっていない人であれば、リクナビネクストの会員登録の手順に沿って進んでいけば、エージェントネットワークの利用も開始できるようになります。尚、会員登録時の手順では、プライベートオファーのサービスを利用する旨を選択して進むようにしましょう。

リクナビNEXTの新着求人情報(799件)

こんな記事もチェックされています

  • 転職サイトは二段構えでの登録が重要

    転職活動を始める際に今や必ずといっていいほど一般的に利用されているのが「転職サイト」。数ある転職サイトの中には、自分で求人情報を探して応募するスタイルのサイトや、自分のプロフ...

新着求人を探す