転職エージェント(転職支援)って実際どうなの?がわかる。豊富な口コミ評判とランキングで失敗しない転職エージェント探しを支援します。
転職エージェントみんなの口コミ評判 > 転職エージェントランキング > 外資系企業に強いエージェントランキング

外資系企業の転職に強いエージェントランキング

グローバルに活躍するビジネスパーソン
海外から日本の市場に進出し、国内に事業所やオフィスを構える外資系企業の数は、2016年時点でおよそ3,400社(外資系企業動向調査より)。年に2%程度の割合で外資系企業の進出は伸びていて、近年はアメリカやヨーロッパ系の企業に加え、アジア系企業の割合も上がってきている。

また、転職先の候補となる外資系企業の分布を地域別に見てみると、首都圏が約79%、関西圏が約9%、東海圏が約3%という状況で、東京を中心とした首都圏が最大の集積数となっている。

転職情報という観点で見ると、実は外資系企業の採用ポジションに関する情報は、一部の超有名企業を除き、一般的な転職サイトで見かける機会はあまり多くない。基本的に外資系企業の採用は本国の方針に影響を受ける事が多く、一般的な転職サイトに求人広告を掲載するよりも、ごく一部の専門情報サイトや、転職エージェントを通じて採用を進めるケースが多くなっている。

また、外資系企業の場合、幅広く多数の応募を募るというよりは、設定した基準程度の英語力がある、具体的な経験を持っているビジネスパーソンを募りたいという傾向が強いのが特徴で、採用方針を理解し、実績を多く持つ転職エージェントを経由して採用する傾向にあります。ここでは外資系企業の情報力に強く、転職支援の実績が多い事で知られるエージェントを、おすすめランキングの形式でご紹介していきます。
1
JACリクルートメント
公式サイト 口コミ評判
JACリクルートメントはもともと、日本人がイギリスで創業したエージェントとして知られ、現在は世界8カ国で事業を展開する日系のグローバルエージェント。国内においてもリクルートエージェントやDODA、パソナキャリアなどと並ぶ大手転職エージェントの一角であり、約550名ものコンサルタントが業界や職種別に転職支援のサポートを行っている。

年間約6万人のビジネスパーソンが登録するJACリクルートメントの特徴は、30歳以上の層の転職支援実績が特に豊富であることと、大手転職エージェントの中でも提供できる生情報にこだわっている点。通常、大手転職エージェントの場合は転職者側に対応するアドバイザーと企業側に対応する営業担当者が別々になっている事が多いが、JACリクルートメントは分業でなく、一気通貫で対応する事を基本としているため、実際に企業の事をよく知るコンサルタントから詳しい話を聞く事もできる。
2
リクルートエージェント
公式サイト 口コミ評判
リクルートエージェントは国内における転職支援実績No.1の最大手エージェント。これまでに約37万人もの転職先決定、支援実績を持ち、転職者側に対応するキャリアアドバイザーの人数だけでも約470名規模を誇るなど、転職エージェントの業界においてデファクトスタンダードとなっている存在。ただし、これらの数字は外資系企業に特化した実績ではなく、多様な企業、業界、職種における実績。

しかしながら、圧倒的な利用者数と転職情報の取扱い規模を誇るため、結果としてリクルートエージェントを通じて採用を行う外資系企業の数も多く、総合力の強みを持っている。もちろん、英文レジュメの作成や添削に強いアドバイザーなども多く在籍し、外資系企業から日系企業に至るまで、初めての転職において最も登録する人が多いエージェントとなっている。
3
DODA(デューダ)
公式サイト 口コミ評判
DODA(デューダ)は2000年頃から急成長を遂げ、一気に大手エージェントの一角となっているが、もともとはIT・ハイテク関連の業界や職種において転職支援実績を大きく伸ばしてきた経緯を持つエージェント。その後は製造業や金融といった領域でも支援実績を伸ばし、求人広告サイトも運営している事から、情報力という意味では強みを持つ。

また、20代から40歳程度までの転職に特に強く、IT・ハイテク関連の業種で働くビジネスパーソンはDODA(デューダ)を利用して転職活動を進める傾向も強い。その他にも年収査定や合格可能性診断、キャリアタイプ診断など、DODA(デューダ)独自のデータ、ノウハウを活かしたサービスを開発するなど、業界の中でも先進性の高いエージェントとなっている。
4
Spring転職エージェント(アデコ)
公式サイト 口コミ評判
Spring転職エージェントは世界最大の人材サービス企業、アデコが運営する転職エージェントのサービスブランド名。日本では2017年5月から、これまでのアデコの転職支援からSpring転職エージェントへとブランド名が変更となり、よりグローバル転職エージェントとしての体制を強化していく事となっている。

Spring転職エージェントはアジア8カ国に拠点を展開し、主にIT、エンジニアリングの分野で活躍するミドルマネジメント、エグゼクティブ層の転職サポートに力を入れている。この変更に伴い、これまでのアデコの転職支援の体制がさらに強化される事となり、外資系企業への転職に関しても、サポート力を上げてきている。
5
エンワールド・ジャパン
公式サイト 口コミ評判
エンワールドはエン転職のサイトで知られるエン・ジャパンが運営するエージェントであるものの、もともとは金融、財務関連の領域の転職支援に強かった外資系エージェント、ウォールストリートアソシエイツをエン・ジャパンが2012年に買収して誕生した経緯を持っている。

現在では外資系エージェント時代の風土を引き継ぎつつ、在籍する外国人コンサルタント、日本人コンサルタントの双方が転職者をサポートするエージェントとなっていて、約150名体制でミッドキャリア(管理職)、経営幹部、スペシャリスト(専門職)の転職を支援し、エージェントとしての実績と知名度を上げてきている。

転職サイトを比較する