転職エージェントベストランキング | 豊富な口コミ評判とランキング比較で失敗しない転職サイト探しを支援します。
転職エージェントみんなの口コミ評判 > 選び方も丸わかりの保存版!転職エージェントベストランキング

選び方も丸わかり保存版!転職エージェントベストランキング

転職エージェントベストランキング
利用者の多い人気転職エージェントの中から、それぞれの特徴や強み、裏事情に至るまでを徹底的に解説する、シチュエーション別、保存版の「転職エージェントベストランキング」。今や電車やテレビ、インターネットなどでも頻繁に見かける転職エージェントの広告。なんとなく広告の存在には気付いていても、各転職エージェントのサービス特徴や実績の違いまでを理解している人は多くありません。ここではどんな人がどんな時に、どの転職エージェントに登録しておくべきか?を一挙にまとめて解説。選び方次第で転職活動の結果も変わってくる、チャンスを手に入れていくための転職エージェント比較ランキングです。

大多数がまず登録しているエージェントはココ!実績と登録者数で群を抜く大手4強

皆さんは全国にどのくらいの転職エージェント(人材紹介会社)があるかをご存知でしょうか?厚生労働省が公開する「雇用動向調査」等を元にすると、調査年ごとに多少の増減はあるものの、概ね全国には17,000もの転職エージェントの事業所が存在しています。これは単純に転職エージェントの社数を表すものでなく、あくまでも各地にある事業所の数を合算した数字ですが、内訳のほとんどは中小零細規模(数名程度で運営されている)の転職エージェントとなっています。
一方で転職エージェントと呼ばれる業界の市場規模は年間で1,800~2,000億円程度となっています。そしてこれらの市場のほとんどを占めているのは、多数の転職希望者が登録する業界上位の大手転職エージェントです。転職エージェントは中途採用を行う企業から採用決定時の手数料をもらうビジネスモデルで成り立っていますが、業界内の売上高推定を見てみると、市場規模の40%~50%近くは大手転職エージェントの売上高となっています。つまり、全国に約17,000もの転職エージェントの事業所がありながらも、実際に多くの人が登録して求人の紹介を受け、転職先の決定につながっているのは大手の転職エージェントがほとんどなのです。
登録必須の大手4強!お薦めランキング
1
リクルートエージェント
公式サイト 口コミ評判
2
パソナキャリア
公式サイト 口コミ評判
3
DODA(デューダ)
公式サイト 口コミ評判
4
JACリクルートメント
公式サイト 口コミ評判

大手4強は様々な業界、職種等の人が登録する「総合型」と呼ばれるエージェント

転職エージェントには大きく分けると2つのタイプがあります。具体的には幅広く様々な業界、職種の求人情報に対応している「総合型」と呼ばれるタイプと、特定の業界、職種のみに専門特化して求人情報の紹介を行う「専門型」と呼ばれるタイプに分かれています。リクルートエージェントやDODA、パソナキャリア、JACリクルートメントの4強は総合型と呼ばれるタイプであり、ホワイトカラー系の職種から特定分野における専門技術職(エンジニア)、サービス系の職種に至るまで、全方位で幅広く求人情報の紹介が受けられるのが特徴の1つです。
また、大手転職エージェントの場合、業界や職種、年収等を含むキャリアや年齢帯、性別(女性専門)などに合わせ、各専門の転職サポートチームが編成されていて、経験や希望条件に合わせた形で、専任のキャリアアドバイザーが転職希望者に付く体制となっています。これは総合的に様々な求人情報を取り扱う大手転職エージェントならではの仕組みで、転職希望者側の経験や希望、状況や考え方に合わせた情報紹介のマッチング、できるだけスムーズな転職先決定のサポートを行う事を目的としています。
そして総合型と呼ばれる大手転職エージェントで、専門のサポートチームに対応してもらう事のメリットは転職希望者側にもあります。例えばこれまで働いた業界や職種からキャリアチェンジしたいという時も、経験と希望内容に合わせて専門チームから効率的に情報の紹介を受ける事ができます。また、近年は女性特有の働き方や転職の悩みに合わせ、女性のキャリアアドバイザーが専任担当として寄り添ってくれるチームもあります。さらには年収800万から1,000万以上のビジネスパーソンのための情報提供を専門に行うチームなども設けられています。

ただし、登録する転職エージェントでは、キャリアアドバイザーとの相性も重要

キャリアアドバイザーとの相性にはご注意を!

転職エージェントというのはそもそも、人が人の転職活動をサポートする仕組みです。つまり、あなたの経験や希望、考え方をきちんと理解してくれるキャリアアドバイザーか、的外れな情報の紹介ばかりを行い、付き合うのが面倒になるキャリアアドバイザーでないかも非常に重要です。こちらの話が伝わらない、適した情報の提案でない、そもそも考え方や話が合わないとなると、納得できる転職先を見つけるどころか、時間の無駄という事にもなりかねません。
また、キャリアアドバイザーの考え方や雰囲気、対応に関しては、転職エージェントごとに大まかな特徴や傾向はあるものの、最終的にはあなたとキャリアアドバイザーの相性の問題になります。よく、リクルートエージェントは情報の紹介量では他社よりも多いと言われる一方で、キャリアアドバイザーの押しが強い、ハッキリとした物言いをするなどと言われる事もあったりします。これはできるだけ多くの情報が欲しい人にとってはメリットになる一方、多すぎて選びづらいと感じる人もいるかもしれません。さらにプラス面やマイナス面も含め、ハッキリとアドバイスされる方が良いという人もいれば、不快に感じるという人もいるかもしれません。
各転職エージェントやキャリアアドバイザーにはこういった特徴があるため、ほとんどの人は結局、3、4社程度の転職エージェントに登録する事になっていきます。これは最初に登録した転職エージェントの担当者がイマイチ自分に合わない、または他の転職エージェントの担当者からもっと別の求人情報の紹介も受けてみたいなどの理由からです。

まずはあまりタイミングずらさず、2、3社のエージェントに登録するのがお薦め

もしあなたがこれから転職エージェントを利用するのなら、あまりタイミングや間隔を空けずに、まずは「3、4社」の転職エージェントに登録してみるのがお薦めです。この理由はズバリ、最初に複数のキャリアアドバイザーを比較し、自分と相性が良い担当者を見つけておく事と、転職活動における書類選考や面接の進捗がバラバラになるのを防ぐためです。特に重要なのは書類選考や面接の進捗の方です。
例えば最初に登録した転職エージェントで紹介してもらった求人に応募し、面接が進んでいるというタイミングで他の転職エージェントに登録すると、選考がバラバラに進む事になります。その結果、早めに応募した企業からは入社意志の確認を迫られ、後で応募した企業(気になっている企業)の選考はまだ進んでいない。そして結果的にどちらかの企業を断る、辞退してしまうという失敗を犯す場合があるからです。転職活動では選考の時期を揃え、最終的に複数の選択肢の中から好きな企業を選ぶというのが理想であり重要です。敢えて間隔を空けて登録するメリットも少ないため、できるだけ同じタイミングで登録するようにしましょう。

大手4強で有益な情報が得られない場合は、「プラス4」も覚えておこう

尚、転職エージェントには大手の4強に加え、「プラス4」とも呼べる準大手のエージェントがあります。就職情報で有名なマイナビの「マイナビエージェント」や、キャリア情報誌「type」の発行で有名な「type転職エージェント」などがそれに当たります。このプラス4も総合型の転職エージェントですが、大手4強の転職エージェントと比較すると、もう一段ハンドメイド型の転職サポートを行なってくれます。
例えば大手転職エージェントでは、キャリアアドバイザーと企業側を担当する営業マンが別々(分業)の場合が多いのですが、準大手の中にはキャリアアドバイザーと企業担当営業が兼任(両面担当)という場合があります。つまり、企業の人事担当者の顔や採用の傾向を直接知っているキャリアアドバイザーから、採用に関わる生情報を聞く事ができるというメリットも、ハンドメイド型にはあるのです。
プラス4の準大手!お薦め順ランキング
1
マイナビエージェント
公式サイト 口コミ評判
2
type転職エージェント
公式サイト 口コミ評判
3
Spring(アデコ)
公式サイト 口コミ評判
4
クイック
公式サイト 口コミ評判

大手エージェントがイマイチだった場合、「専門エージェント」が頼りになる事も

もし大手の転職エージェントで自分が希望する業界、職種等の求人に巡り会えなかった、または最終的な結果が出ない、イマイチだと感じたら、次に考えるべきは「専門エージェント」の活用です。専門エージェントはその名の通り、特定の業界や職種等に専門特化した情報を扱う転職エージェントです。例えばIT・Web関連の業界や製造業、ファッション・アパレル関連などでは、その領域だけでは大手の転職エージェントに引けをとらない転職支援実績を持つエージェントもあります。
業界、職種に強い専門エージェントの代表例
1
ワークポート(IT/Web)
公式サイト 口コミ評判
2
クリーデンス(ファッション)
公式サイト 口コミ評判
3
MS-JAPAN(管理部門)
公式サイト 口コミ評判
4
メイテックネクスト(製造業)
公式サイト 口コミ評判
5
マスメディアン(マスコミ/Web)
公式サイト 口コミ評判

専門エージェントだからこそ、企業からの信頼が厚く、独占的に扱う求人も

専門エージェントに登録するメリットは、大手転職エージェントで扱っていない求人情報に出会える可能性がある、より詳しい生情報が聞ける、時には柔軟に企業側に提案を行なってもらえる(売り込んでもらえる)可能性があるなどの点です。専門エージェントは特定の業界や職種等に特化している分、各業界の企業と採用のパイプが太い場合があります。例えばファッション・アパレル業界では総合型の転職エージェントよりも、クリーデンスの方が実績も多く、アパレル関連企業の中での知名度も抜群に高くなっています。また、製造業で働く高度な技術者の転職に関しては、メイテックネクストというエージェントもモノづくりメーカーの中では比較的知名度が高いです。
こういった専門エージェントの場合、特定の企業と長年に渡る付き合いがあるが故に、その企業の求人情報を独占的に取り扱っている、または企業側に対して交渉力を持っているという事もあったりします。業界内で知る人だけが知る企業の採用情報を知りたい、憧れている意中の企業に逆にアプローチしてほしい、内定がもらえる可能性があるかを聞いてみたい。そんなきっかけから大手転職エージェントに続き、専門エージェントを活用し始める人も多いのです。

近年は「女性の転職支援」に力を入れるエージェントも増えている

尚、転職エージェントの中には、業界や職種に関する専門性だけでなく、「女性のための転職支援」という専門性を打ち出しているエージェントも近年増えています。ここに関してはもともと女性の社会進出を支援する事で成長してきたパソナ(正社員転職のサービス名称はパソナキャリア)や、マイナビエージェントが特にサービスに力を入れており、比較的多くの支援実績を持っています。
女性の転職に強いエージェントランキング
1
パソナキャリア
公式サイト 口コミ評判
2
マイナビエージェント
公式サイト 口コミ評判

外資系企業の転職情報は、求人媒体よりも転職エージェントに集まっている

また、もし外資系企業への転職や海外勤務の案件を希望している人の場合は、一般的な転職サイトを使って自力で情報を探すよりも、転職エージェントを活用する方が効率的でお薦めです。もともとキャリア採用を中心に考えている外資系企業の場合、求人広告媒体に募集広告を出稿するよりは、ピンポイントで適した人材の紹介を行なってくれる転職エージェントに求人の依頼を行う傾向があります。さらに海外に本社があるため、本国が指定した転職エージェントにのみ人材紹介の依頼をかけているという事も珍しくありません。国内大手エージェントに限って言えば、JACリクルートメントは外資系企業の転職情報量には定評があります。
外資系企業に強いエージェントランキング
1
JACリクルートメント
公式サイト 口コミ評判
2
リクルートエージェント
公式サイト 口コミ評判
3
エンワールド
公式サイト 口コミ評判
4
ロバート・ウォルターズ
公式サイト 口コミ評判

社会に出て間もない20代中盤くらいまでなら、若手専門の転職支援サービスも

その他にも近年は20代前半から中盤くらいまでの、若手社会人のための専門転職支援サービスもあります。社会人経験がまだ少ない若手社会人の場合、一度は就職したものの、やっぱり別の業界や職種で働きたいという人もいれば、未経験から採用してくれる企業を探したい、そもそも大学を出てからきちんと就職した事がないので、就職先を探したいという人もいるでしょう。そういった若手社会人のために専門的に情報を紹介し、アドバイスしてくれる無料転職支援のサービスもご紹介しておきます。
第二新卒、既卒に強いエージェントランキング
1
マイナビジョブ20’s
公式サイト
2
就職ショップ
公式サイト 口コミ評判
3
ジェイック営業カレッジ
公式サイト 口コミ評判

医師、看護師、薬剤師等、医療系職種の支援実績は専門エージェントが強い

尚、医師、看護師、薬剤師などの医療系職種の転職支援に関しては、専門エージェントが大きな強みを持っています。大手の転職エージェントであっても、この領域に関してはホワイトカラーのビジネスパーソンの転職支援とは区別して、医術に関する専門知識や病院、クリニック等の採用事情に精通したアドバイザーが専任で対応する体制となっているのが基本です。また、医師の転職相談に関してはキャリアアドバイザーが医師のいる場所まで出張して相談に対応するケースも珍しくなく、看護師に関しても常勤、非常勤、復職などの状況や希望する地域に応じて、対応が変わる事がほとんどです。
医療系専門エージェントお薦めランキング
1
マイナビ看護師
公式サイト 口コミ評判
2
マイナビ薬剤師
公式サイト
3
リクルートドクターズキャリア
公式サイト 口コミ評判
4
メディウェル(医師)
公式サイト 口コミ評判

自分に合わない、紹介が少ないと思ったら、「スカウト」も必ず活用を

最後にイマイチ自分の経歴や希望にマッチするような転職エージェントが見つからない、もしくは大手転職エージェントでも思ったような求人の紹介がなかったという場合は、転職エージェント集合サイト(人材紹介会社集合サイト)に登録しておき、具体的な案件の紹介を待ってから登録先を決めるという方法もお薦めです。転職活動というのは言わば、有利な情報を手に入れる事ができるかどうかの「情報戦」です。転職エージェント集合サイトへ登録する際に、きっちりと自分の経歴や希望条件の入力を行なっておけば、的外れな情報の紹介のロスも減らす事ができます。
近年は企業の人事担当者または転職エージェントのキャリアアドバイザーから直接スカウトを受ける事ができるサービスも増えていて、国内で最もスカウトメールの流通量が多いリクナビNEXTには約300万人が登録し、月間で550万件以上ものスカウトメール(2016年7月時点)がやり取りされています。他にもビズリーチ、マイナビ転職エージェント、enミドルの転職などのサイトがありますが、スカウトを待つ場合は必ず、経歴の入力を適当にせず、しっかりと充実させていくのがポイントです。もしこの作業が面倒であれば、まずは簡単に登録だけを先に行ない、徐々に経歴情報の部分を更新し、厚みを増していくという形で完成度を上げていく方法も良いでしょう。この部分を改善するだけで、スカウトを受ける確率もグンと上がってきます。
エージェント集合サイトお薦めランキング
1
リクナビNEXTエージェントネットワーク
公式サイト 口コミ評判
2
ビズリーチ
公式サイト 口コミ評判
3
マイナビ転職エージェントサーチ
公式サイト 口コミ評判
4
enミドルの転職
公式サイト 口コミ評判
5
人材バンクネット
人材バンクネット公式サイト 口コミ評判

転職サイトを比較する