40代が利用すべき転職支援ランキング | 豊富な口コミ評判とランキング比較で失敗しない転職サイト探しを支援します。
転職エージェントみんなの口コミ評判 > 40代が利用すべき転職支援ランキング

40代が利用すべき転職支援ランキング

40代が利用すべき転職支援ランキング
社会人として働き始めて20年を超えてくる40代。若い頃は職場の同僚やプライベートの友人たちと意識の差、生活の差などもあまり感じられなかったかもしれませんが、40代にもなってくると、選んで働いた業界、職種、そして会社によっても、人生そのものや生き方に大きな違いが出てきているはずです。そんな40代の人が転職を考える上で重要なのが、生活を支える収入のこと、家族こと、そして将来自分がリタイアするまでの間のキャリアの活かし方です。
一般的に40代での転職活動は、失敗と成功が人によってバッサリと分かれます。20代、30代の間に特定の領域の仕事で着実に実績を残し、強みとなる経験やスキルを持っている人であれば、それらを活かしてポジティブな転職が叶う場合も多くあります。一方で自分自身を振り返って、仕事に関してこれといった成果を思い出せない、強みとなる経験やスキルがはっきりとしない人にとっては、厳しい現実を味わう機会になってしまいます。

40代の転職は年収にこだわる前に、どのくらいの需要があるかを見極めるのが先

40代で転職を考えるのであれば、実際に動き出す前にまず、自分の経験、キャリアにどのくらいの需要があるのかを見極めるのが先です。転職というものは当たり前ですが、企業の採用需要とこちら側の供給のバランスで成り立っています。自分の経験やキャリアに対して需要が見込めないのであれば、転職自体を考えなおす必要がありますし、需要が多ければ選べる選択肢も多くなります。家族のことや生活の事を考えると、ついついお金の事ばかりが頭の中で先行しがちですが、まずは冷静に自分に対する需要の有無の確認に目を向けるようにしましょう。

転職サイト、転職エージェント、匿名スカウトを賢く使い分けて需要を見極める

先を見るビジネスパーソン
近年は実際の転職活動を始める前に、需要を確かめる事ができるサービスがたくさんあります。働いている会社を辞める前に、まずはこれらのサービスを賢く利用して、可能性を見極めるのが何より重要です。転職サイトにアクセスすれば、自分が携わってきた業界や職種の大まかな求人件数が数分で把握できます。また、登録して匿名スカウトのようなサービスを利用すれば、自分の経験値に対して興味を持ってくれる企業からスカウトやオファーのメールを受け取る事ができ、リアルな感覚が掴めるようになります。
さらに転職エージェントに登録すれば、企業の採用担当者と日々やり取りを行なっているプロから、そもそも転職できる可能性や、興味があれば具体的な求人企業名、想定される年収面などの話も聞く事もできます。以下に転職サイトや転職エージェントごとの解説とランキングをピックアップしておきますが、これらを参考にサービスを選び、会社を辞めてしまう前にまず、冷静に自分が置かれている状況の把握に努めるのが大切です。
40代に役立つ転職サイトランキング
1
リクナビNEXT
公式サイト 口コミ評判
2
ビズリーチ
公式サイト 口コミ評判
3
キャリアカーバー
公式サイト 口コミ評判
4
マイナビ転職エージェントサーチ
公式サイト 口コミ評判
5
enミドルの転職
公式サイト 口コミ評判
6
人材バンクネット
公式サイト 口コミ評判

転職サイトはスカウト、オファーの流通量の大きさ(規模と数)が利用の決め手

例えばリクナビNEXTの場合、20代や30代向けの求人情報が多いように感じるかもしれませんが、40代にとってはスカウト利用こそが大きなポイントです。リクナビNEXTのスカウトは月間で600~700万通規模のスカウトメールがやり取りされており、国内では圧倒的な規模となっています。また、求人情報の掲載は行わずに、スカウトメールだけを送っている企業もあるため、リクナビNEXTのスカウトは十分に活用する価値があります。
その他にも一定のキャリアや収入を得ている人の場合は、国内のヘッドハンターが数多く集まっているビズリーチに登録してスカウトを待ってみるのもお薦めです。ビズリーチの場合は一般的な転職サイトに掲載されている求人情報よりももうワンランク高い情報が掲載される傾向にあります。また、マイナビ転職エージェントサーチやenミドルの転職は、経歴を登録して転職エージェントからのスカウトの有無を待つタイプのサイトです。自分で探すだけでは適切な求人が見つからないという時は、待ち型の転職活動のツールとして使っていくのがお薦めです。
40代の転職に強いエージェントランキング
1
リクルートエージェント
公式サイト 口コミ評判
2
JACリクルートメント
公式サイト 口コミ評判
3
パソナキャリア
公式サイト 口コミ評判
4
DODA(デューダ)
公式サイト 口コミ評判

キャリアを活かす転職なら、経験と希望に合わせた体制が整う大手エージェント

これまでのキャリアを活かす前提の転職であるなら、転職エージェントに登録しておくのをお薦めします。企業の人事担当者は経験者の採用を行う場合、一般の転職サイトに求人広告を掲載するよりも、転職エージェントに依頼を行なって、相応しい経験者の紹介を望むケースがあるからです。いわゆる非公開求人と呼ばれたりもしますが、媒体に掲載されない情報に出会える可能性があるのが利用の決め手です。また、近年は業界別や職種別に加え、女性専門の転職サポートや年収800~1,000万以上のビジネスパーソンを専門にサポートするチームがあるなど、大手エージェントにはその人の経験と希望に応じたサポートを行う体制が整っているため、敢えて中小の名前も聞いた事がないようなエージェントに登録するよりは、適切なサポートが受けられます。
ランキングの中のリクルートエージェントは転職エージェントの中で国内最大の実績を持ち、その実績の多さから企業側の求人が多数集まります。たくさんの紹介の中から選びたい感覚の人にとってはお薦めです。また、JACリクルートメントは国内企業だけでなく、外資系企業や海外勤務の案件にも強みを持っているのが特徴です。しかもリクルートエージェント、DODA、パソナキャリアと違うのは、40代の転職に関して高い実績を持っていると言われる点です。絶対的な人数という意味ではリクルートエージェントが先行しますが、JACリクルートメントも40代にとっては注目すべき転職エージェントです。

40代で全くの未経験の仕事に飛び込む場合は、ハローワークが必要になる事も

尚、もし40代になってから全くの未経験の仕事にキャリアチェンジしたいと思った場合は、転職サイトや転職エージェントだけでは思うようにいかない場合もあります。仮に農業や漁業であれば40代で転身を歓迎してくれる場合もありますが、会社組織で働くホワイトカラー系の職種の人が業界や職種をまたいで転職する場合は、厳しい条件となる事を覚悟しておく必要があります。
それでも未経験の仕事に就きたいという場合は、別途時間を作って地域を管轄するハローワークへも足を運んでみる事をお薦めします。ハローワークにはその地域の正社員、契約社員、アルバイト、パートを含む求人が多く集まります。また、転職サイトに求人広告を載せていないような、中小企業の求人が多く集まっています。上場企業や大手企業に関しては、経験やスキルが伴っている人材を採用したいという理由で、敢えてハローワークで募集をかけていないという企業も多いです。働く企業の規模や給与面で多少のデメリットがあったとしても、未経験の仕事に就きたいという場合は、有益な情報に出会える可能性もあります。

ハローワークで良い情報に巡り会えない時は、求人検索エンジンで細かく探す

もしハローワークへ足を運んでみたものの、結局良い求人に出会えなかったという場合は、かなり危機感を持って転職活動に取り組む必要があります。こういった場合は転職サイトで常時更新される新着求人のチェックはもちろん、新聞の求人広告や求人フリーペーパーなどにも網を広げてチェックを行なっていく必要があります。そしてもう1つ、自社のホームページ上でしか採用情報を掲載していない企業の情報や、マニアックな転職サイトの掲載情報もチェックする必要があります。こういったシーンで役立つのが求人情報の検索エンジンです。
求人情報の検索エンジンとは、日々Googleなどを使用して検索を行う感覚で、求人情報が探せるサービスです。いわば求人情報に特化したGoogleのようなものであり、日々様々な企業、転職サイトの情報をプログラムで自動的に収集し、検索結果の一覧としてこちらに情報を提供してくれます。こういった検索エンジンで代表的なものとしては、「Indeed」「CareerJet」「スタンバイ」などのサービスが挙げられます。

女性の場合は女性向けの情報に特化した転職サイトもチェックすべき

また、女性の場合であれば、女性向けの採用情報に特化した専門転職サイトもいくつかあります。近年は中途採用を行う企業側でも、女性が向いているであろう仕事や、女性だけを採用したいという考えがあれば、女性専門の転職サイトに敢えて求人広告を掲載しているという場合もあります。こういった女性向け転職サイトは子育てとの両立や休日休暇のことなど、女性が働く上で気になる部分の情報もケアしてある事が多いため、チェックしてみるのがお薦めです。

資格の有無がポイントになる仕事の場合は、業界専門の情報もチェック

もしあなたが特定の資格を持って仕事をしている場合は、その業界専門の情報サイト、紙面などもチェックしてみる必要があります。例えば医師、看護師、薬剤師のような医療関係であれば、需要自体が強いため求人は数多くありますが、士業の仕事などは案外情報が少なかったりするものです。こういった場合は専門情報のサイトや業界紙などで採用情報が出ていないかをチェックしていく事も重要です。

本当に困った事になりそうな時は、人の紹介や縁故での採用も視野に入れる

最後にもしどうしても転職する必要があるという場合は、友人や知人の紹介、縁故での採用・入社なども現実的に視野に入れる必要があります。周囲の人にどこか良い転職先があれば紹介して欲しいと頼むのは気が引ける、恥ずかしいという思いもあるかもしれません。しかし恥は一時のものであり、それによって最悪の状況を回避できたという人もたくさんいます。特に求人自体が少ない地方であれば、いまだに縁故の採用というのは大きな力を持っていたりもします。縁故の場合、紹介してもらった事への責任感は感じますが、離職期間が長くなってしまっている、生活自体に危機感を持っている人であれば、前向きに行動すべきです。まずは周囲に「何か情報があれば」という事で、軽く聞いてみるところから始めましょう。

転職サイトを比較する