わからないことだらけの転職活動に。キャリア形成や転職に関する疑問や不安の解決、ちょっと役立つ知識や活用術などを発信しています。
転職エージェントみんなの口コミ評判 > > ハローワークでも仕事が決まらない!この先..

ハローワークでも仕事が決まらない!この先の転職活動どうしたらイイ?

ハローワークに足を運び、失業手当をもらいながら求職活動は進めてきたけれど、なかなか良い転職先に巡り会えない。そんな時に思うのが「この先の転職活動、どうしたらイイの?」。ここでは対策になる方法をまとめてピックアップし、ご紹介していきます。

0148.jpg


不安ばかりが増すので、早急な対策を!


ハローワークに足を運び、失業手当をもらいながら求職活動は進めているけれど、ハローワークの取り扱う求人の中からでは、なかなか思ったような転職先に巡り会えない。ここで仕事が決まらなかったら、一体どうすればいいの?そんな気持ちでいると不安ばかりが増しますよね。そこで今回は、以下に具体的な対策を挙げていきたいと思います。


【対策その1】転職サイトのスカウトサービスと新着求人メールには必ず登録


転職サイトは自分で求人を探して応募するだけと思っていませんか?近年の転職サイトには「スカウトサービス(企業からのオファー)」が用意されていて、あらかじめ経歴や希望条件を登録しておけば、企業から思いがけずスカウトメールが届く事もあります。もし転職活動の進捗が思わしくない場合は、必ずスカウトメールに登録しておく方が良いでしょう。


ちなみに企業からのスカウトメールの流通量が最も多いと言われるサイトは「リクナビネクスト」です。毎月1万通以上と言われるスカウトが行われているサイトでもあるため、こういった転職サイトは基本として必ず登録しておきましょう。また、登録時には「新着求人メール」の配信を受ける体制にしておくと、定期的に希望条件に合った新着求人をメールでもチェックできるようになります。


リクナビネクストの詳細はこちら!
リクナビネクストの口コミ評判


【対策その2】ハローワークの求人は、足を運ばなくても自宅でチェックできる


ハローワークの取り扱っている求人というと、最寄りのハローワークに足を運んでチェックするものというイメージがあるかもしれませんが、近年は一部の転職サイトで民間の求人情報に加え、ハローワークが扱う求人情報も同時に検索ができるようになっています。これらを活用すれば、民間の情報とハローワークの情報を一度にチェックできるようになり、とても効率的です。


例えば「キャリアインデックス」という転職サイトでは、民間の求人情報とハローワークの求人情報、合わせて約40~50万件もの情報を扱っています。さらにこのサイトには「キャリアポスト」というサービスがあり、ハローワークの求人情報にWebから応募できてしまうサービスも提供しています。度々足を運んで求人を探すよりも、こういったサービスに登録して利用してみるのも一手です。


キャリアインデックスの詳細はこちら!
キャリアインデックスの口コミ評判


【対策その3】求人専門の検索エンジンでまだ知らない求人がないかチェック


世の中には求人情報専門の検索エンジンというものもあります。一般的な転職サイトの場合は、掲載費用をもらった企業の求人広告のみを掲載していますが、求人検索エンジンの場合はそういった事情に関係なく、世の中の様々な企業の公式採用情報ページを幅広く探す事ができる仕組みになっています。


使い方は至って簡単で、Googleでキーワードを使って検索するのと同じ要領です。例えば「Indeed」という求人検索エンジンの場合は、「エリア×キーワード」で検索を行う事ができ、特定地域のキーワードに合致する求人情報を探しだす事が可能です。まだ知らない求人情報がないか、一度チェックしてみる事をお勧めします。


Indeedの詳細はこちら!
Indeedの口コミ評判


【対策その4】人材派遣という働き方も検討してみる


どうしても正社員転職の良い情報が見つからない、かといって生活もあるので働かなければならない。そんな状況にある時は派遣という働き方も検討してみる必要があります。派遣というと「使い捨てにされるのでは?」というイメージがあるかもしれませんが、派遣社員としての仕事を経て正社員や契約社員になる道(紹介予定派遣)もあります。


筆者自身も、もともと派遣社員として働いた後に、派遣先の企業に正社員として雇用してもらった経験を持っており、こういった方法でキャリアを積んだり、道を切り開いていくという考え方もあります。まずは最低限のスキル・経験を積み、徐々に高めていき、企業側から採用したいと言われる人材に一步ずつでも近づいて事が重要です。


人材派遣会社の評判はこちら!
人材派遣会社人気ランキング


【対策その5】ハローワークで教育訓練を受け、学んでから再度トライする


ハローワークでは給付金をもらいながら、教育訓練を受けるという仕組みも提供してくれています。ハローワークの窓口へ行き、厚生労働大臣が指定する教育訓練(例:パソコンスキルや簿記、医療事務知識などなど)に対して応募、申請を行い、スクールやセミナーに一定期間通い、新たなスキル・知識を積んでから再度求職活動を行うという方法もあります。


尚、教育訓練給付については、全ての人が利用できるとは限りません。各ハローワークによって応募要件や応募方法などが定められているため、最寄りのハローワークの窓口で相談してみる事が第一になります。


【対策その6】中高年の方向け、顧問紹介というサービスはご存知ですか?


最後は主に中高年の方に向けた情報のご紹介になりますが、「顧問紹介」といったサービスをご存知でしょうか?以前までの業界、職種で長く培った経験をもとに、企業と顧問契約(業務委託)を締結して働くという方法です。近年は顧問紹介を専門に行うサービスなども登場していますので、まずはインターネットで「顧問紹介」といったキーワードで検索をしてみるのもお勧めです。


ハローワークの実情はどうなってる?
全国のハローワークの評判を検索

こんな記事もチェックされています

  • ハローワークには「空求人」が多い?のなぜ

    公的な組織であり、国内の求職者の就業、再就職を支援しているのが「ハローワーク」。雇用保険の手続きや教育訓練給付などの関連で利用した経験を持つ方も多いと思います。そしてハローワ...

転職サイトを比較する