50代におすすめの転職サイトランキング | 国内最大級の口コミ評判数と評価スコアで転職サイトを徹底比較
Jobmark(ジョブマーク) > 転職サイト比較 > 50代におすすめの転職サイトランキング

50代におすすめの転職サイトランキング

50代の転職活動で気をつけるべきこと

定年、リタイアまでの距離を段々と意識しはじめ、今の会社であとひと頑張りできる余地があるか否か、また、何らかの形でこの先報われる可能性があるか否か、安定と生きがいの狭間で揺れる50代。今の仕事を辞めた後に続けられる仕事や趣味が欲しくなるのもこの頃が多いと言われます。他方、現実的には年収や待遇面での天井に突き当たり、ピークアウトを迎え始める時期とも重なります。さらに近年は子供の進学や親の介護費用、住宅ローンの残債が多く残る50代も多く、引退を考える場合でないという現実を抱えた人もたくさんいます。

一方、転職市場の動向を見てみると、中高年からシニアと呼ばれる層の転職活動は一筋縄ではいかないのが実情です。よく電車の広告やテレビCMなどでは年収アップを謳った転職サイトなどもありますが、実際にそれを実現できるのはごく一部のハイキャリア層だけであり、多くの一般的な50代会社員、管理職の転職は年収アップを諦める、もしくはダウンをも受け入れて転職するというケースが多いのも実態の1つです。

50代の転職活動において重要なのは、目的目標に合わせて考え方をしっかり変えることです。収入の維持が第一目標であれば、経験やスキルなど、得意を活かした転職が第一であり、おのずと働ける業界、職種、企業に関しても見えている範囲の中で最大限の成果、妥協点を狙うしかありません。一方で収入はそこそこに自分の時間が欲しい、ワークライフバランスを望むということであれば、会社の規模や役職に囚われず、現場に近いところでもう一度戦力として活躍するといった形の転職もあります。

ちなみに50代の転職で活動が長期化する人の傾向を見ていると、前職(現職)の役職や立場を忘れることができず、その基準のまま転職しようとするのが足枷になっている場合があります。いわば自分のプライドが邪魔をし、自ら転職の選択肢を狭めたり、固辞している状態です。50代の転職の成功、失敗はもはや他人が評価することではありません。前職の役職や立場を評価基準とせず、あと何年、どこまでの仕事をするのかを考えるのが後悔しない生き方、苦しみ過ぎずにゴールを目指すためのポイントになります。

こういった実情や厳しさはあるものの、できるだけ好条件の転職を望むのは誰しも同じです。少しでも可能性を広げたい、良い条件の転職先に出会いたいと思う場合は、手間を惜しまずに行動量を上げ、できるだけ多くのサイトや転職支援サービスに登録する、活用するというのが結局重要です。時には門前払いのような形で悔しい思いをすることもありますが、簡単に諦めずに新着情報をチェックし続け、応募書類を改善してスカウトの可能性を地道に上げる、そして使える転職支援サービスはすべて使い倒すといった図太さがか必ず結果へとつながります。

50代総合評価ランキング

ビズリーチ
4 stars
50代のおすすめ度評価 4

サイト特徴、強み、ポイント

  • 年収1000万円超の求人が全体の3分の1以上
  • 年収600万以上の転職者が支持するサービスNo.1(ネット調査)
  • 8割以上の転職成功者がスカウト返信をきっかけに転職
  • 新着求人は随時更新

こんな人におすすめ

30代、40代、50代、男性、女性、リーダー、管理職、専門職、技術者、経営幹部、転職初心者、転職経験者、離職中

こんな業種の転職情報に強い

IT・通信・ソフトウェア/インターネット・ネット広告・メディア/製造業(電気電子・機械・精密)/製造業(素材・化学・食品・化粧品)/製造業(消費財・日用品・ヘルスケア)/医薬品・医療機器/商社(総合・専門・貿易)/卸売・流通・小売/運輸・物流/金融・保険・クレジット・リース/建設・不動産・建築・設備/医療機関・病院・クリニック/マス広告・出版・マスコミ/コンサルティング・専門事務所/教育・学習・資格/人材・専門サービス/電力・ガス・エネルギー・インフラ/官公庁・自治体・団体

新着口コミ

4 stars
リクナビやマイナビのような転職サイトと比較すると、50代でそれなりに働いてきた会社員が、現実的に検討することができる条件の案件が多く掲載されている。一定の専門スキルやマネジメント経験が求められる求人がほとんどではあるが、一般的な転職サイトで見かけることがないような案件が多く感じられ、仕事内容的にもそれなりにチャレンジャブルなものがあると感じた。まだ現職中のため、長期の視点で情報収集ツールとして活用しながら転職を検討しているが、今のところメインの転職サイトとしてチェックはしている。
52歳 男性 神奈川県 大手プラント系会社 2019/05/13
3 stars
最初は色々な転職サイトで事務系の職種を探しましたが、年齢的になかなか難しく、自分の条件に合う仕事は見つかりませんでした。その時に事務系にこだわるのを止めにして、通勤できる範囲で見つけたのが販売の仕事でした。販売の仕事は未経験だったので最初は不安もありましたが、応募して仕事に就くことはできました。エン転職でお祝い金ももらえたので、その点は嬉しかったです。
55歳 小売業販売員 女性 2018/12/21

プロが教える活用アドバイス

ビズリーチは高年収、ハイクラス案件に専門特化した転職サイトの先駆けで、近年は知名度、実績ともに急拡大し、大きく利用者を伸ばしてきています。元々は年収1000万円以上に限定した会員制の転職サイトでしたが、現在は扱う案件情報や採用企業の裾野を広げ、年収500万円クラスの転職希望者も利用できるようになっています。

そんなビズリーチの大きな特徴の1つは、他サイトとは毛色が違う案件情報の豊富さです。当初から扱う高年収、ハイポジションの募集求人だけでなく、自治体などの公共案件やプロスポーツチームの案件、海外グローバル企業の案件など、既存の転職サイトとは一味違う募集が多くなっています。

ちなみにビズリーチが扱う求人の一部には、有料課金のプランでないと閲覧できないものもあるのですが、サイトへの新規登録から数日間のみは、有料のプレミアムプランが無料で使える設定になっています(2019年5月時点)。そのため、この無料期間をうまく活用し、集中して通常非公開の求人や企業をチェックしてみるのがおすすめです。
リクナビNEXT
3.5 stars
50代のおすすめ度評価 3.5

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数は国内最大級の779万人(2018年3月)
  • 転職決定数No.1(楽天リサーチ/2015年)
  • リクナビNEXTだけの限定求人が約85%(2015年)
  • 毎週水曜日、金曜日更新

こんな人におすすめ

転職者全般、男性、女性、第二新卒、既卒・フリーター、若手社員、リーダー、管理職、専門職、技術者、転職初心者、転職経験者、離職中

こんな業種の転職情報に強い

IT・通信・ソフトウェア/インターネット・ネット広告・メディア/製造業(電気電子・機械・精密)/製造業(素材・化学・食品・化粧品)/製造業(消費財・日用品・ヘルスケア)/医薬品・医療機器/商社(総合・専門・貿易)/卸売・流通・小売/運輸・物流/金融・保険・クレジット・リース/建設・不動産・建築・設備/医療機関・病院・クリニック/介護・福祉/マス広告・出版・マスコミ/コンサルティング・専門事務所/ファッション・アパレル/外食/美容・健康・エステ/旅行・宿泊・レジャー/教育・学習・資格/人材・専門サービス

オリコン顧客満足度ランキング受賞歴

  • 顧客満足度第3位(2018年)
  • 職種別(IT・Web)満足度第1位(2018年)
  • オリコン顧客満足度ランキングとは、オリコン社が独自にユーザー調査から集計、ランキングを行っているものです。調査段階で主なサイトのみを対象とする傾向のため、中小サイトは含まれないことが多いです。また、複数の職種、業種を扱っていること、特定のユーザー属性に限定しないなどの条件があるため、大手の転職サイトがランキング上位を占める傾向にあります。

新着口コミ

4 stars
都市圏から地方への転居を前提に転職先を探すのならリクナビネクストが良いかなぁと思います。例えばUターン、Iターンの特集も結構充実していますし、地方ごとの小さな求人サイトに掲載されている求人広告よりも条件が良いものが多いと思います。地方から都市圏への転居であればどのサイトも大して変わりませんが、やはり大手転職サイトなので情報力はそれなりに強いと感じます。どんな職種、業種での転職かによっても参考にするサイトは変わると思いますが、定期的に情報をチェックするのは重要だと思います。
51歳 自治体関連 男性 2018/12/15
3 stars
リクナビネクストの場合は、キーワード検索で求人を探すと50代活躍中、シニア採用実績アリなどの情報がひっかかるので、それらをお気に入りに保存しておき、その後はそのページを定期的にチェックするという使い方をしている。中には幹部候補や定年まで働ける職場、前職給与保障などを条件として提示する企業も出てくるので、なかなか良い求人に出会えていない人はこういった探し方をするのもコツです。50代になると選択肢がどんどん狭くなり、転職活動に時間がかかる人も多いと思うが、まだまだ頑張れる、働ける世代だと思うので、できるだけ多くの情報を得つつ、しっかり吟味して欲しいと思う。
50歳 男性 埼玉県 研究職 2019/05/13

プロが教える活用アドバイス

リクナビネクストは転職活動の初期段階で特に役立つサイトです。登録しておくと自分が見た求人の履歴を分析し、自動で似たような条件の求人が表示されるような便利機能があったり、特定の希望条件だけに絞り込んだ新着求人の通知を受け取ったりすることも可能です。

また、登録と同時に国内最大級の非公開求人を扱うリクルートエージェントへのサービス申し込みもでき、条件に合致するような求人がある場合は手軽に提案を受けることもできます。求人広告のバラエティの豊富さ、国内最大のスカウトメール流通量、活動をサポートしてくれる支援サービスまで揃い、転職活動のオールインワンパッケージとも言えるサイトです。

ちなみに、リクナビネクストは転職活動に行き詰まりを感じた際、WEB履歴書の見直しや改善で役立てるのもおすすめです。レジュメ完成度診断を活用し、イエス、ノー形式の質問に答えていくだけで、履歴書に不足している点、改善した方が良い点などが示され、それらに対応していくことでレジュメのブラッシュアップができます。隙間時間でレジュメをブラッシュアップしておけば、新鮮なスカウトやオファーが再び多く届くようになり、書類選考の通過率も上げることができます。
Indeed(インディード)
2.7 stars
50代のおすすめ度評価 2.7

サイト特徴、強み、ポイント

  • 世界で毎月約2億人、日本では約1200万人が利用
  • 毎週約70万件規模の求人情報が追加されている
  • リクルートグループのアグリゲート型求人検索エンジン
  • 新着求人は常時更新

こんな人におすすめ

転職者全般、中高年・シニア、男性、女性、第二新卒、既卒・フリーター、若手社員、リーダー、管理職、専門職、技術者、転職初心者、転職経験者、離職中

こんな業種の転職情報に強い

IT・通信・ソフトウェア/インターネット・ネット広告・メディア/製造業(電気電子・機械・精密)/製造業(素材・化学・食品・化粧品)/製造業(消費財・日用品・ヘルスケア)/医薬品・医療機器/商社(総合・専門・貿易)/卸売・流通・小売/運輸・物流/金融・保険・クレジット・リース/建設・不動産・建築・設備/医療機関・病院・クリニック/介護・福祉/マス広告・出版・マスコミ/コンサルティング・専門事務所/ファッション・アパレル/外食/美容・健康・エステ/旅行・宿泊・レジャー/教育・学習・資格/人材・専門サービス

新着口コミ

4 stars
ずっと単身赴任が続いていた仕事を辞め、家族との同居再開を機に再就職先を探しました。定年も間近に迫っている年齢なので、正社員でも契約社員でも可、収入は少なくてもマイペースで出来る職が欲しいと思ってインディードで探していました。もちろんハローワークにも行きましたが、自宅で探せ、情報が多いインディードの方でも当たってみようと思った形です。 活動時にはインディードに掲載されていた求人とハローワークで紹介された求人にほとんど同じタイミングで応募しましたが、最終的には双方から採用してもらえるとの返事があり、返事の早かったインディードの方で再就職先を決めました(それが現在の勤務先の会社です)。
茨城県 59歳 男性 マンション管理 2019/05/14
2 stars
色んな求人が探せる分にはいいサイトかと思います。自分が気になるキーワードで絞っても求人は豊富に出てくるサイトです。ただし、いざある企業に応募して面接を受けに行ってみると、結局若い人が欲しいと言われてしまいました。募集年齢のことは法律上載せられないのかもしれませんが、こういったことが続くと交通費と時間ばかりが無駄にかかってしまうので、その点だけなんとかならないものかなと思います。
埼玉県 51歳 事務職希望 女性 2019/04/19
エン転職
2.5 stars
50代のおすすめ度評価 2.5

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数はリクナビNEXTに続く規模の約600万人(2018年6月)
  • 取材情報の厚さに加え、面接サポート機能なども充実
  • カイシャの評判(口コミサイト)と合わせて利用するユーザーも
  • 毎週月曜日、木曜日更新

こんな人におすすめ

転職者全般、男性、女性、第二新卒、若手社員、リーダー、管理職、専門職、技術者、転職初心者

こんな業種の転職情報に強い

IT・通信・ソフトウェア/インターネット・ネット広告・メディア/製造業(電気電子・機械・精密)/製造業(素材・化学・食品・化粧品)/製造業(消費財・日用品・ヘルスケア)/医薬品・医療機器/商社(総合・専門・貿易)/卸売・流通・小売/運輸・物流/金融・保険・クレジット・リース/建設・不動産・建築・設備/介護・福祉/マス広告・出版・マスコミ/コンサルティング・専門事務所/ファッション・アパレル/外食/美容・健康・エステ/旅行・宿泊・レジャー/教育・学習・資格/人材・専門サービス

オリコン顧客満足度ランキング受賞歴

  • 顧客満足度第1位(2018年)
  • オリコン顧客満足度ランキングとは、オリコン社が独自にユーザー調査から集計、ランキングを行っているものです。調査段階で主なサイトのみを対象とする傾向のため、中小サイトは含まれないことが多いです。また、複数の職種、業種を扱っていること、特定のユーザー属性に限定しないなどの条件があるため、大手の転職サイトがランキング上位を占める傾向にあります。

新着口コミ

4 stars
求人を探す時の勤務地が選びやすく、交通機関からも地域からも検索でき、職種も連結して閲覧できる。また、面接率が非常に高く、書類選考が必要な企業も勿論あるが、当日に電話して即面接という企業もあった(小回りが効く=零細企業という見方もあるが、仕事を探す側としてはどんどん色んな会社に巡り合える方が良い)。 ただ、一つだけ残念なのは同じ会社がずっと掲載され続けていることが多い点(その会社に応募して不採用だったが)。記載内容に嘘偽りは少ない方で、スマホでも使い易くて見やすい。加えて他のリクルート系の求人サイトは登録が必須で面倒だが、はたらいくは未登録でも閲覧、応募できた。
大阪市 51歳 男性 印刷営業 2019/05/10
3 stars
最初は色々な転職サイトで事務系の職種を探しましたが、年齢的になかなか難しく、自分の条件に合う仕事は見つかりませんでした。その時に事務系にこだわるのを止めにして、通勤できる範囲で見つけたのが販売の仕事でした。販売の仕事は未経験だったので最初は不安もありましたが、応募して仕事に就くことはできました。エン転職でお祝い金ももらえたので、その点は嬉しかったです。
55歳 小売業販売員 女性 2018/12/21
dodaエージェントサービス
2 stars
50代のおすすめ度評価 2

サイト特徴、強み、ポイント

  • 年間18000人以上の転職サポート実績
  • 転職者満足度No.1(電通バスリサーチ調べ)
  • 業界、職種、地域に特化したアドバイザーが支援

こんな人におすすめ

20代、30代、40代、男性、女性、第二新卒、若手社員、リーダー、管理職、専門職、技術者、転職初心者、転職経験者、離職中

こんな業種の転職情報に強い

IT・通信・ソフトウェア/インターネット・ネット広告・メディア/製造業(電気電子・機械・精密)/製造業(素材・化学・食品・化粧品)/製造業(消費財・日用品・ヘルスケア)/医薬品・医療機器/商社(総合・専門・貿易)/卸売・流通・小売/運輸・物流/金融・保険・クレジット・リース/建設・不動産・建築・設備/マス広告・出版・マスコミ/コンサルティング・専門事務所/美容・健康・エステ/旅行・宿泊・レジャー/教育・学習・資格/人材・専門サービス/電力・ガス・エネルギー・インフラ

オリコン顧客満足度ランキング受賞歴

  • 顧客満足度第6位(2019年)
  • 顧客満足度第7位(2018年)
  • オリコン顧客満足度ランキングとは、オリコン社が独自にユーザー調査から集計、ランキングを行っているものです。調査段階で主なサイトのみを対象とする傾向のため、中小サイトは含まれないことが多いです。また、複数の職種、業種を扱っていること、特定のユーザー属性に限定しないなどの条件があるため、大手の転職サイトがランキング上位を占める傾向にあります。

新着口コミ

4 stars
求人を探す時の勤務地が選びやすく、交通機関からも地域からも検索でき、職種も連結して閲覧できる。また、面接率が非常に高く、書類選考が必要な企業も勿論あるが、当日に電話して即面接という企業もあった(小回りが効く=零細企業という見方もあるが、仕事を探す側としてはどんどん色んな会社に巡り合える方が良い)。 ただ、一つだけ残念なのは同じ会社がずっと掲載され続けていることが多い点(その会社に応募して不採用だったが)。記載内容に嘘偽りは少ない方で、スマホでも使い易くて見やすい。加えて他のリクルート系の求人サイトは登録が必須で面倒だが、はたらいくは未登録でも閲覧、応募できた。
大阪市 51歳 男性 印刷営業 2019/05/10
3 stars
最初は色々な転職サイトで事務系の職種を探しましたが、年齢的になかなか難しく、自分の条件に合う仕事は見つかりませんでした。その時に事務系にこだわるのを止めにして、通勤できる範囲で見つけたのが販売の仕事でした。販売の仕事は未経験だったので最初は不安もありましたが、応募して仕事に就くことはできました。エン転職でお祝い金ももらえたので、その点は嬉しかったです。
55歳 小売業販売員 女性 2018/12/21
enミドルの転職
1.5 stars
50代のおすすめ度評価 1.5

サイト特徴、強み、ポイント

  • 30代、40代のミドル、ハイクラス層向け転職サイト
  • 転職エージェントが扱う案件、常時65,000件超を掲載
  • 得意分野や専門性に合わせて検索、スカウトが受けられる
  • 新着求人は随時更新

こんな人におすすめ

30代、40代、50代、男性、女性、リーダー、管理職、専門職、技術者、転職経験者

こんな業種の転職情報に強い

IT・通信・ソフトウェア/インターネット・ネット広告・メディア/製造業(電気電子・機械・精密)/製造業(素材・化学・食品・化粧品)/製造業(消費財・日用品・ヘルスケア)/医薬品・医療機器/商社(総合・専門・貿易)/卸売・流通・小売/運輸・物流/金融・保険・クレジット・リース/建設・不動産・建築・設備/マス広告・出版・マスコミ/コンサルティング・専門事務所/ファッション・アパレル/美容・健康・エステ/旅行・宿泊・レジャー/教育・学習・資格/人材・専門サービス

新着口コミ

2 stars
年収1000万円以上を謳う求人案件はやたらと出てくるが、よく見てみれば同じような企業の案件掲載も多い。求人情報の詳細を見てみるとわかるが、求人を扱う人材紹介会社の名前が紹介されていて、恐らく人材紹介会社ごとに求人を載せているため、同じような会社がいくつも出てくるのだろうと思う。求人に応募すると人材紹介やヘッドハンティング会社からメールの返事が届くため、選考に関しては人材紹介会社経由になると思う。ある程度職歴や専門性がある人向けのサービスであり、普通に地元地域の中小企業で働きたいような50代向けのサービスではないと感じられる。結論、それなりの職歴を持っている人なら役立つ、それ以外の人はあまり効果が出ないサイトだと思う。
54歳 男性 神戸市 2019/05/13
マイナビ転職
1 stars
50代のおすすめ度評価 1

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数は国内トップクラスの459万人(2018年4月)
  • サイト会員の約60%が34歳までの若手社会人
  • 業界最大級の転職フェアは全国25箇所、年間50回以上
  • 毎週火曜日、金曜日更新

こんな人におすすめ

転職者全般、男性、女性、第二新卒、既卒・フリーター、若手社員、リーダー、管理職、専門職、技術者、転職初心者

こんな業種の転職情報に強い

IT・通信・ソフトウェア/インターネット・ネット広告・メディア/製造業(電気電子・機械・精密)/製造業(素材・化学・食品・化粧品)/製造業(消費財・日用品・ヘルスケア)/医薬品・医療機器/商社(総合・専門・貿易)/卸売・流通・小売/運輸・物流/金融・保険・クレジット・リース/建設・不動産・建築・設備/介護・福祉/マス広告・出版・マスコミ/コンサルティング・専門事務所/ファッション・アパレル/外食/美容・健康・エステ/旅行・宿泊・レジャー/教育・学習・資格/人材・専門サービス

オリコン顧客満足度ランキング受賞歴

  • 顧客満足度第2位(2018年)
  • オリコン顧客満足度ランキングとは、オリコン社が独自にユーザー調査から集計、ランキングを行っているものです。調査段階で主なサイトのみを対象とする傾向のため、中小サイトは含まれないことが多いです。また、複数の職種、業種を扱っていること、特定のユーザー属性に限定しないなどの条件があるため、大手の転職サイトがランキング上位を占める傾向にあります。

新着口コミ

4 stars
求人を探す時の勤務地が選びやすく、交通機関からも地域からも検索でき、職種も連結して閲覧できる。また、面接率が非常に高く、書類選考が必要な企業も勿論あるが、当日に電話して即面接という企業もあった(小回りが効く=零細企業という見方もあるが、仕事を探す側としてはどんどん色んな会社に巡り合える方が良い)。 ただ、一つだけ残念なのは同じ会社がずっと掲載され続けていることが多い点(その会社に応募して不採用だったが)。記載内容に嘘偽りは少ない方で、スマホでも使い易くて見やすい。加えて他のリクルート系の求人サイトは登録が必須で面倒だが、はたらいくは未登録でも閲覧、応募できた。
大阪市 51歳 男性 印刷営業 2019/05/10
3 stars
最初は色々な転職サイトで事務系の職種を探しましたが、年齢的になかなか難しく、自分の条件に合う仕事は見つかりませんでした。その時に事務系にこだわるのを止めにして、通勤できる範囲で見つけたのが販売の仕事でした。販売の仕事は未経験だったので最初は不安もありましたが、応募して仕事に就くことはできました。エン転職でお祝い金ももらえたので、その点は嬉しかったです。
55歳 小売業販売員 女性 2018/12/21

50代キャリア志向の転職

ビズリーチ
4 stars
50代のおすすめ度評価 4

サイト特徴、強み、ポイント

  • 年収1000万円超の求人が全体の3分の1以上
  • 年収600万以上の転職者が支持するサービスNo.1(ネット調査)
  • 8割以上の転職成功者がスカウト返信をきっかけに転職
  • 新着求人は随時更新

口コミピックアップ

4 stars
リクナビやマイナビのような転職サイトと比較すると、50代でそれなりに働いてきた会社員が、現実的に検討することができる条件の案件が多く掲載されている。一定の専門スキルやマネジメント経験が求められる求人がほとんどではあるが、一般的な転職サイトで見かけることがないような案件が多く感じられ、仕事内容的にもそれなりにチャレンジャブルなものがあると感じた。まだ現職中のため、長期の視点で情報収集ツールとして活用しながら転職を検討しているが、今のところメインの転職サイトとしてチェックはしている。
3 stars
最初は色々な転職サイトで事務系の職種を探しましたが、年齢的になかなか難しく、自分の条件に合う仕事は見つかりませんでした。その時に事務系にこだわるのを止めにして、通勤できる範囲で見つけたのが販売の仕事でした。販売の仕事は未経験だったので最初は不安もありましたが、応募して仕事に就くことはできました。エン転職でお祝い金ももらえたので、その点は嬉しかったです。
リクナビNEXT
3.5 stars
50代のおすすめ度評価 3.5

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数は国内最大級の779万人(2018年3月)
  • 転職決定数No.1(楽天リサーチ/2015年)
  • リクナビNEXTだけの限定求人が約85%(2015年)
  • 毎週水曜日、金曜日更新

口コミピックアップ

4 stars
都市圏から地方への転居を前提に転職先を探すのならリクナビネクストが良いかなぁと思います。例えばUターン、Iターンの特集も結構充実していますし、地方ごとの小さな求人サイトに掲載されている求人広告よりも条件が良いものが多いと思います。地方から都市圏への転居であればどのサイトも大して変わりませんが、やはり大手転職サイトなので情報力はそれなりに強いと感じます。どんな職種、業種での転職かによっても参考にするサイトは変わると思いますが、定期的に情報をチェックするのは重要だと思います。
3 stars
リクナビネクストの場合は、キーワード検索で求人を探すと50代活躍中、シニア採用実績アリなどの情報がひっかかるので、それらをお気に入りに保存しておき、その後はそのページを定期的にチェックするという使い方をしている。中には幹部候補や定年まで働ける職場、前職給与保障などを条件として提示する企業も出てくるので、なかなか良い求人に出会えていない人はこういった探し方をするのもコツです。50代になると選択肢がどんどん狭くなり、転職活動に時間がかかる人も多いと思うが、まだまだ頑張れる、働ける世代だと思うので、できるだけ多くの情報を得つつ、しっかり吟味して欲しいと思う。
エン転職
2.5 stars
50代のおすすめ度評価 2.5

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数はリクナビNEXTに続く規模の約600万人(2018年6月)
  • 取材情報の厚さに加え、面接サポート機能なども充実
  • カイシャの評判(口コミサイト)と合わせて利用するユーザーも
  • 毎週月曜日、木曜日更新

口コミピックアップ

3 stars
最初は色々な転職サイトで事務系の職種を探しましたが、年齢的になかなか難しく、自分の条件に合う仕事は見つかりませんでした。その時に事務系にこだわるのを止めにして、通勤できる範囲で見つけたのが販売の仕事でした。販売の仕事は未経験だったので最初は不安もありましたが、応募して仕事に就くことはできました。エン転職でお祝い金ももらえたので、その点は嬉しかったです。
2 stars
検索していてもスタッフ職からせいぜいミドル職くらいまでの求人が多く感じられ、管理職クラスの求人の掲載は少ない。サイト自体の見た目もそうだが、基本的にはある程度若手の社会人を意識したサービスなのだろう。自分のように地方でそこそこ安定した企業で働ければ良いというくらいの人間にとってはあまり役立つ情報はなかった。ビズリーチほど高年収の求人が多い訳でもなく、indeedほど掲載案件のバリエーションがある訳でもなく、スカウトサービスに関しても派遣会社や成果報酬給与の営業のような会社からのスカウトばかりが目立ったので、段々と利用しなくなった。
enミドルの転職
1.5 stars
50代のおすすめ度評価 1.5

サイト特徴、強み、ポイント

  • 30代、40代のミドル、ハイクラス層向け転職サイト
  • 転職エージェントが扱う案件、常時65,000件超を掲載
  • 得意分野や専門性に合わせて検索、スカウトが受けられる
  • 新着求人は随時更新

口コミピックアップ

2 stars
年収1000万円以上を謳う求人案件はやたらと出てくるが、よく見てみれば同じような企業の案件掲載も多い。求人情報の詳細を見てみるとわかるが、求人を扱う人材紹介会社の名前が紹介されていて、恐らく人材紹介会社ごとに求人を載せているため、同じような会社がいくつも出てくるのだろうと思う。求人に応募すると人材紹介やヘッドハンティング会社からメールの返事が届くため、選考に関しては人材紹介会社経由になると思う。ある程度職歴や専門性がある人向けのサービスであり、普通に地元地域の中小企業で働きたいような50代向けのサービスではないと感じられる。結論、それなりの職歴を持っている人なら役立つ、それ以外の人はあまり効果が出ないサイトだと思う。
マイナビ転職
1 stars
50代のおすすめ度評価 1

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数は国内トップクラスの459万人(2018年4月)
  • サイト会員の約60%が34歳までの若手社会人
  • 業界最大級の転職フェアは全国25箇所、年間50回以上
  • 毎週火曜日、金曜日更新

口コミピックアップ

3 stars
最初は色々な転職サイトで事務系の職種を探しましたが、年齢的になかなか難しく、自分の条件に合う仕事は見つかりませんでした。その時に事務系にこだわるのを止めにして、通勤できる範囲で見つけたのが販売の仕事でした。販売の仕事は未経験だったので最初は不安もありましたが、応募して仕事に就くことはできました。エン転職でお祝い金ももらえたので、その点は嬉しかったです。
2 stars
検索していてもスタッフ職からせいぜいミドル職くらいまでの求人が多く感じられ、管理職クラスの求人の掲載は少ない。サイト自体の見た目もそうだが、基本的にはある程度若手の社会人を意識したサービスなのだろう。自分のように地方でそこそこ安定した企業で働ければ良いというくらいの人間にとってはあまり役立つ情報はなかった。ビズリーチほど高年収の求人が多い訳でもなく、indeedほど掲載案件のバリエーションがある訳でもなく、スカウトサービスに関しても派遣会社や成果報酬給与の営業のような会社からのスカウトばかりが目立ったので、段々と利用しなくなった。

50代女性の転職

はたらいく
4 stars
女性のおすすめ度評価 4

サイト特徴、強み、ポイント

  • 掲載企業は従業員50名以下が約7割(2014年実績)
  • 地元に根付いた中堅、中小企業が探せるサイト
  • 利用者層は35歳までが約53%、40代も約23%
  • 毎週月曜日、木曜日更新

口コミピックアップ

5 stars
女性向けの転職に特化したサイトなので、掲載している会社についても気になるポイントが明記されています(育児休暇や産休制度あり、残業が少ないなど)。また、こういった気になるポイントを軸に掲載求人の検索や絞り込みができ、例えば小さい子供がいる方なら保育園のお迎えの関係で残業なしの職場や土日祝日休み、育児と両立OKと書かれているものなどを前提に探せます。基本的には掲載企業側も女性の中途採用を最初から考えているので、女性の働き方に理解のあるところが多いと思います。他のサイトは都道府県や職種単位でしか検索できない傾向なので女性にとっては使いやすいです。
4 stars
大手企業への転職より、自宅から比較的近い距離や生活圏内にある中小企業の転職先を希望する女性にはおすすめだと思います。サイト全体が見やすく、「せきらら求人」にはその職場で働くにあたって良い面を「ここはあなたに約束します」と記載していて、逆に悪い面は「ここはあなたに覚悟してほしい」という感じで、それぞれ隠さずに明記している点が他の求人媒体に見られない安心できる情報だと思います。
女の転職@type(ウーマンタイプ)
3.8 stars
女性のおすすめ度評価 3.8

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数は女性専門サイトで最大級92万人(2018年3月)
  • 事務系、サービス・販売系、営業・企画系の求人が充実
  • ハイキャリア求人からワークライフバランス求人まで多様
  • 毎週火曜日、金曜日更新

口コミピックアップ

5 stars
女性向けの転職に特化したサイトなので、掲載している会社についても気になるポイントが明記されています(育児休暇や産休制度あり、残業が少ないなど)。また、こういった気になるポイントを軸に掲載求人の検索や絞り込みができ、例えば小さい子供がいる方なら保育園のお迎えの関係で残業なしの職場や土日祝日休み、育児と両立OKと書かれているものなどを前提に探せます。基本的には掲載企業側も女性の中途採用を最初から考えているので、女性の働き方に理解のあるところが多いと思います。他のサイトは都道府県や職種単位でしか検索できない傾向なので女性にとっては使いやすいです。
4 stars
結婚直後に正社員で転職したのですが、その時に女の転職を利用していました。女性が様々なライフイベントを乗り越えながら仕事を続けていくにあたり、求人情報の内容が非常に細くて重宝しました。育児と両立OKの企業かどうか、時短勤務はあるのかなどもチェックする事ができ、求人検索の絞り込みでもこれらを含めて使えるのが良かったです。ちょうどtype転職エージェントのアドバイザーの方にお世話になっていたので、女の転職@typeで見つけた求人についても相談していました。
リクナビNEXT
3.5 stars
女性のおすすめ度評価 3.5

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数は国内最大級の779万人(2018年3月)
  • 転職決定数No.1(楽天リサーチ/2015年)
  • リクナビNEXTだけの限定求人が約85%(2015年)
  • 毎週水曜日、金曜日更新

口コミピックアップ

5 stars
女性向けの転職に特化したサイトなので、掲載している会社についても気になるポイントが明記されています(育児休暇や産休制度あり、残業が少ないなど)。また、こういった気になるポイントを軸に掲載求人の検索や絞り込みができ、例えば小さい子供がいる方なら保育園のお迎えの関係で残業なしの職場や土日祝日休み、育児と両立OKと書かれているものなどを前提に探せます。基本的には掲載企業側も女性の中途採用を最初から考えているので、女性の働き方に理解のあるところが多いと思います。他のサイトは都道府県や職種単位でしか検索できない傾向なので女性にとっては使いやすいです。
4 stars
やはり親会社がリクルートだけあって、女性の目から見ても求人の数は圧倒的です。転職活動時は他のサイトにも登録するかもしれませんが、ほとんどの人は最初にリクナビネクストに登録していると思うので、評価が高いのはある意味当たり前だと思います。敢えて悪い評価を挙げるとすれば、概ね大卒である程度正社員経験がある人向けのサイトという点だと思います。大卒程度の学歴とスキルがない人はハローワークへ行った方が早く職は見つかる気はします。
リジョブ
3.3 stars
女性のおすすめ度評価 3.3

サイト特徴、強み、ポイント

  • 国内でも希少な美容、治療、リラク系専門の求人サイト
  • 専門特化した求人サイトの中では最も知名度が高い
  • これまでの累計会員登録者数は30万人超(2018年6月)
  • 新着求人は常時更新

口コミピックアップ

4 stars
昨年秋まで普通のオフィスワークの派遣スタッフとして働いていましたが、収入が安定せず将来に不安を感じていたことと、昔から美容の仕事に興味があったので転職を決意しました。その時に検索して出てきたのがリジョブでしたが、正社員として働けることを前提に美容関係の求人が多く、リクナビNEXTやマイナビ転職よりも役立ちました。美容部員をはじめとした美容関係の仕事は経験者募集が多いので苦戦はしましたが、そんな中で唯一未経験でもOKと言ってくれた今の会社とご縁があり、無事に採用になりました。
3 stars
美容関係の仕事で転職しようと思うと、リクナビやマイナビは業界の採用情報の掲載が少なくてあまり役立ちません。また、エンやdodaなどのサイトを見ても同じようなものかなと思います。私の場合はリジョブを一番メインにチェックし、たまにとらばーゆや女の転職@typeなどで被っていない採用情報がないかをチェックしていました。美容関係のサロンや会社の求人はあまり出回っているものでもないので、結構貴重なサイトだと思います。
Indeed(インディード)
3 stars
女性のおすすめ度評価 3

サイト特徴、強み、ポイント

  • 世界で毎月約2億人、日本では約1200万人が利用
  • 毎週約70万件規模の求人情報が追加されている
  • リクルートグループのアグリゲート型求人検索エンジン
  • 新着求人は常時更新

口コミピックアップ

5 stars
女性向けの転職に特化したサイトなので、掲載している会社についても気になるポイントが明記されています(育児休暇や産休制度あり、残業が少ないなど)。また、こういった気になるポイントを軸に掲載求人の検索や絞り込みができ、例えば小さい子供がいる方なら保育園のお迎えの関係で残業なしの職場や土日祝日休み、育児と両立OKと書かれているものなどを前提に探せます。基本的には掲載企業側も女性の中途採用を最初から考えているので、女性の働き方に理解のあるところが多いと思います。他のサイトは都道府県や職種単位でしか検索できない傾向なので女性にとっては使いやすいです。
4 stars
看護師や介護士など、職種に特化した転職支援サイトが多い中で、私が求めている「診療情報管理士」に特化したような転職支援サイトはありません。なので最初はハローワークのWEBサイトを利用していたのですが、ある時「診療情報管理士 求人」で検索すると、Indeedの求人情報がヒットしました。 Indeedにはハローワークの求人だけでなく、医療機関が個々に募集している求人なども詳細に掲載されていて、実際に私もその中から応募した職場に正社員で採用されました。希少な職種の場合は特化した転職支援サイトがないので、マイナビ転職などに登録してもそのまま放置するだけになると感じます。Indeedは職種と勤務地で絞ってあらゆる求人を網羅しているので、とても使い勝手が良かったです。
マイナビ転職
2.5 stars
女性のおすすめ度評価 2.5

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数は国内トップクラスの459万人(2018年4月)
  • サイト会員の約60%が34歳までの若手社会人
  • 業界最大級の転職フェアは全国25箇所、年間50回以上
  • 毎週火曜日、金曜日更新

口コミピックアップ

5 stars
女性向けの転職に特化したサイトなので、掲載している会社についても気になるポイントが明記されています(育児休暇や産休制度あり、残業が少ないなど)。また、こういった気になるポイントを軸に掲載求人の検索や絞り込みができ、例えば小さい子供がいる方なら保育園のお迎えの関係で残業なしの職場や土日祝日休み、育児と両立OKと書かれているものなどを前提に探せます。基本的には掲載企業側も女性の中途採用を最初から考えているので、女性の働き方に理解のあるところが多いと思います。他のサイトは都道府県や職種単位でしか検索できない傾向なので女性にとっては使いやすいです。
4 stars
大手企業への転職より、自宅から比較的近い距離や生活圏内にある中小企業の転職先を希望する女性にはおすすめだと思います。サイト全体が見やすく、「せきらら求人」にはその職場で働くにあたって良い面を「ここはあなたに約束します」と記載していて、逆に悪い面は「ここはあなたに覚悟してほしい」という感じで、それぞれ隠さずに明記している点が他の求人媒体に見られない安心できる情報だと思います。
マイナビ転職女性のおしごと
2.3 stars
女性のおすすめ度評価 2.3

サイト特徴、強み、ポイント

  • マイナビ転職が運営する女性のための専門サイト(姉妹サイト)
  • キャリア系女性からノンキャリア系女性の求人まで幅は広い
  • 面接マナーや履歴書写真の撮り方などの情報も
  • 毎週火曜日、金曜日更新

口コミピックアップ

4 stars
私が新卒で入社した会社の求人がこのサイトにも載っていました。今は結婚を控えて退職してしまったのですが、確かに女性にとっては働きやすくていい職場だったと今でも思います。この点からもマイナビ転職女性のおしごとは女性に紹介できる会社をきちんと選んでいるのだなと思いました。 また、他のサイトでは女性ならではのカテゴリがあったとしても、実際は掲載されている職場の数が少なく、あまり選べる状態であるのが現状です。マイナビは女性で絞り込んでもたくさんの職種や業種が出てきたので選ぶ事ができました。これからは派遣のお仕事も視野に入れてはいますが、おすすめのサイトだと思います。
2 stars
正直それほど女性向けで役立つサイトだとは感じなかった。そんなに性別を重視して無理に特集を組まなくてもいいのでは?と思ったし、本当に推している特集のようにも感じず、あまり参考にはならなかった。結局、働きたくなる企業は個人によっても違うと思うので、女性だからといってその企業で働きたいかと言われると違うと思う。それよりももっと別の観点に目を向けた特集をして欲しいです。いい事ばかりが書いてあったので、その仕事に関するデメリットなどももっと知りたいです。
タウンワーク社員
2 stars
女性のおすすめ度評価 2

サイト特徴、強み、ポイント

  • 関東、関西、東海で地域密着の正社員、契約社員情報に強み
  • 駅やコンビニ等の生活圏でフリーペーパーも配布
  • ~34歳の利用者が約55%、35歳~44歳までは約33%
  • 掲載求人情報は毎日更新

口コミピックアップ

2 stars
有名な求人サイトなので気軽に仕事が探せる点は良いかもしれません。でも、地元の小さな会社の求人よりも東京の大手の会社やそのグループ会社の情報が多い印象があります。また、ずっと同じような会社の求人が出ていたりするので、そこにはちょっと不信感を持ちました。私は事務職の希望で利用しましたが、ぴったり事務職というような求人は少なく、あまり理想的なものを見つけることはできなかったです。地方で転職を考える場合は正直ハローワークを利用したり、直接企業のサイトの採用情報ページを見る方が良いようにも感じます。
エン転職WOMAN
1 stars
女性のおすすめ度評価 1

サイト特徴、強み、ポイント

  • エン転職が運営する女性専門転職サイト(姉妹サイト)
  • エン転職に集まる女性向け求人のみを切り出して掲載
  • キャリアアップ求人から未経験OK求人まで掲載の幅は広い
  • 毎週月曜日、木曜日更新

口コミピックアップ

4 stars
私が新卒で入社した会社の求人がこのサイトにも載っていました。今は結婚を控えて退職してしまったのですが、確かに女性にとっては働きやすくていい職場だったと今でも思います。この点からもマイナビ転職女性のおしごとは女性に紹介できる会社をきちんと選んでいるのだなと思いました。 また、他のサイトでは女性ならではのカテゴリがあったとしても、実際は掲載されている職場の数が少なく、あまり選べる状態であるのが現状です。マイナビは女性で絞り込んでもたくさんの職種や業種が出てきたので選ぶ事ができました。これからは派遣のお仕事も視野に入れてはいますが、おすすめのサイトだと思います。
2 stars
正直それほど女性向けで役立つサイトだとは感じなかった。そんなに性別を重視して無理に特集を組まなくてもいいのでは?と思ったし、本当に推している特集のようにも感じず、あまり参考にはならなかった。結局、働きたくなる企業は個人によっても違うと思うので、女性だからといってその企業で働きたいかと言われると違うと思う。それよりももっと別の観点に目を向けた特集をして欲しいです。いい事ばかりが書いてあったので、その仕事に関するデメリットなどももっと知りたいです。

地方、地元での転職

リクナビNEXT
4 stars
おすすめ度評価 4

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数は国内最大級の779万人(2018年3月)
  • 転職決定数No.1(楽天リサーチ/2015年)
  • リクナビNEXTだけの限定求人が約85%(2015年)
  • 毎週水曜日、金曜日更新

口コミピックアップ

5 stars
熊本で保育士、医療事務の仕事を探していた時にindeedを使いましたが沢山ありました。検索しやすいですし、好きなキーワードを入れて細かく検索できるので便利です。恐らく企業側も無料で掲載できるので載せやすいのもあるのだと思います。ただ、求人が多すぎて途中から見るのがきつくなってくる時はあります。ちなみに正社員の求人だけでなく、派遣やバイトの求人も沢山ありました。保育士、医療事務に限らずいろんな職種の求人が載っているので、地方で仕事を探す人にはおすすめです。
4 stars
元々は首都圏勤務だったが、地元に戻りたいという気持ちが強くなり、転職活動の時にマイナビ転職、エン転職、リクナビネクストを利用しました。転勤なしで地元にずっと居られることと、土日祝日が休みである事が優先的な希望でした。結果的に3つのサイトを利用した中で今の職場はリクナビネクストで見つけました。希望の条件を満たしていて前職に類似した職だったので応募し、2回の面接を受けて最終的に採用してもらえました。
Indeed(インディード)
3.4 stars
おすすめ度評価 3.4

サイト特徴、強み、ポイント

  • 世界で毎月約2億人、日本では約1200万人が利用
  • 毎週約70万件規模の求人情報が追加されている
  • リクルートグループのアグリゲート型求人検索エンジン
  • 新着求人は常時更新

口コミピックアップ

5 stars
熊本で保育士、医療事務の仕事を探していた時にindeedを使いましたが沢山ありました。検索しやすいですし、好きなキーワードを入れて細かく検索できるので便利です。恐らく企業側も無料で掲載できるので載せやすいのもあるのだと思います。ただ、求人が多すぎて途中から見るのがきつくなってくる時はあります。ちなみに正社員の求人だけでなく、派遣やバイトの求人も沢山ありました。保育士、医療事務に限らずいろんな職種の求人が載っているので、地方で仕事を探す人にはおすすめです。
4 stars
静岡在住なので首都圏より圧倒的に求人数が少ない状況でしたが、ある程度希望条件に合った企業を探し出すことができました。インディードは地域性が強い小さな企業など、大手求人サイトにはあまり掲載されることがないような求人も多くあり、子育てと仕事を両立させる職場を探していた私にとっては比較的マッチングしやすかったです。ちなみに私が応募した求人はインディードに直接企業が掲載しているものだったようで、即面接になり、内定までの時間も短くて済みました。
キャリアインデックス
3 stars
おすすめ度評価 3

サイト特徴、強み、ポイント

  • 約50の転職サイトにまとめて登録、応募できるサイト
  • 会員登録数103万人、求人掲載量88万件(2018年3月)
  • 多種多様な求人がまとまったアグリゲート型転職サイト
  • 新着求人は常時更新

口コミピックアップ

4 stars
リクナビNEXTやエン転職など、大手の転職サイトは自社と求人広告掲載の契約を行った企業のみの掲載ですが、はたらこIndexは他のサイトの情報も多く、ランダムに色々な求人が探せるのが良かったです。全体の求人数に関してもかなり多いと感じます。私の場合は生活の事もあり、できるだけ早く次の会社を決めたいと思っていましたが、多くの会社にエントリーしておけたのも便利でした。あと、エージェントを通さず直接応募が出来たので、時間もかからず効率が良いと思いました。
3 stars
山梨での転職先を探していた時に会員登録したことがありますが、掲載されている求人広告の数は結構多かったです。業種や職種ごとに探せるくらいの数は掲載されていました。ただ、一覧に出てくる求人は情報提供元が@typeと書かれているものが多く感じられ、恐らく@typeの求人をまとめて表示している感じなのだと思います。一覧の後ろの方を見ていくとハローワークインターネットサービスの求人も出てきましたが、もう少しバランスよく検索できるともう少し探しやすいと思います。数自体は多いものの、探しやすさがやや気になるサイトでした。
マイナビ転職
2 stars
おすすめ度評価 2

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数は国内トップクラスの459万人(2018年4月)
  • サイト会員の約60%が34歳までの若手社会人
  • 業界最大級の転職フェアは全国25箇所、年間50回以上
  • 毎週火曜日、金曜日更新

口コミピックアップ

5 stars
熊本で保育士、医療事務の仕事を探していた時にindeedを使いましたが沢山ありました。検索しやすいですし、好きなキーワードを入れて細かく検索できるので便利です。恐らく企業側も無料で掲載できるので載せやすいのもあるのだと思います。ただ、求人が多すぎて途中から見るのがきつくなってくる時はあります。ちなみに正社員の求人だけでなく、派遣やバイトの求人も沢山ありました。保育士、医療事務に限らずいろんな職種の求人が載っているので、地方で仕事を探す人にはおすすめです。
4 stars
静岡在住なので首都圏より圧倒的に求人数が少ない状況でしたが、ある程度希望条件に合った企業を探し出すことができました。インディードは地域性が強い小さな企業など、大手求人サイトにはあまり掲載されることがないような求人も多くあり、子育てと仕事を両立させる職場を探していた私にとっては比較的マッチングしやすかったです。ちなみに私が応募した求人はインディードに直接企業が掲載しているものだったようで、即面接になり、内定までの時間も短くて済みました。

外資系企業への転職

dodaエージェントサービス
4 stars
外資系企業検討者の評価 4

サイト特徴、強み、ポイント

  • 年間18000人以上の転職サポート実績
  • 転職者満足度No.1(電通バスリサーチ調べ)
  • 業界、職種、地域に特化したアドバイザーが支援

口コミピックアップ

4 stars
最初にサイト上で求人を検索している時はそんなに外資系企業の求人が多いとは感じなかったものの、エージェントサービスに登録してみるとサイト上には出てこない外資系企業の紹介が多かったです。ある程度の年収とポジションを確保するのが転職活動の一番のポイントでしたが、自分が関わるIT業界に関しては外資系の案件も豊富だと思います。転職活動の時には他のエージェントにも登録していましたが、他のエージェントはdodaと被る企業の紹介が結構多かったです。
3 stars
求人検索で外資系企業のみを絞り込んで表示することができ便利です。私がチェックしていた時でも3000件以上は出てきていたので、扱っている情報量としても多い方かと思います。外資系企業の求人はそもそも扱っているサイトが少ないので、ビズリーチとキャリアカーバー、マイナビ転職エージェントサーチの3つを併用しながら情報収集はしています。検索すると個々のエージェントが扱っている外資系求人が表示されるので、外資系企業の転職に強いエージェントを探す際の目安にもなるかと思います。
ビズリーチ
3.8 stars
外資系企業検討者の評価 3.8

サイト特徴、強み、ポイント

  • 年収1000万円超の求人が全体の3分の1以上
  • 年収600万以上の転職者が支持するサービスNo.1(ネット調査)
  • 8割以上の転職成功者がスカウト返信をきっかけに転職
  • 新着求人は随時更新

口コミピックアップ

4 stars
これまで日系企業に勤めていた人であっても、自分のキャリアが活かせる少数精鋭の外資系企業に転職することができます。私もビズリーチのヘッドハンターを通じて外資系企業の案件を紹介してもらいました。有名な外資系企業だけでなく、マイナーな企業も扱っているので視野は広がりました。外資系企業に興味を持ち、上昇志向の貪欲な人にはおすすめできます。
3 stars
良い条件のキャリア情報を得るためには追加料金が発生するという点で他のサイトとは大きな違いがあります。ビズリーチは実質的に有料の転職サイトですが、その分だけ高キャリア、大企業や有名企業の採用情報が多いのも特徴です。外資系企業の求人も他のサイトと比べるととても多いように思えますし、高キャリア、ハイクラスの情報を求めている方、特に外資系金融に関しての情報を求めている人にはおすすめのサイトです。
マイナビ転職エージェントサーチ
3 stars
外資系企業検討者の評価 3

サイト特徴、強み、ポイント

  • マイナビ運営の転職エージェント検索、案件情報サイト
  • 転職エージェントが扱う案件情報を常時7万件以上掲載
  • 得意分野や専門性に合わせて検索、スカウトが受けられる
  • 新着求人は毎日更新

口コミピックアップ

3 stars
求人検索で外資系企業のみを絞り込んで表示することができ便利です。私がチェックしていた時でも3000件以上は出てきていたので、扱っている情報量としても多い方かと思います。外資系企業の求人はそもそも扱っているサイトが少ないので、ビズリーチとキャリアカーバー、マイナビ転職エージェントサーチの3つを併用しながら情報収集はしています。検索すると個々のエージェントが扱っている外資系求人が表示されるので、外資系企業の転職に強いエージェントを探す際の目安にもなるかと思います。
2 stars
日本の企業からでも転職しやすい外資系企業はないかと思いましたが、このサイトに集まっている外資系企業の情報はさすがに難易度が高すぎました。海外勤務やTOEICレベルで900以上のスコアとかがないと完全に厳しそう。日系企業から外資系を目指すというよりは、外資系から外資系への転職といったイメージ。英文レジュメが当たり前に自分で用意できるレベル感でないと難しそうでした。
リクナビNEXT
2.5 stars
外資系企業検討者の評価 2.5

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数は国内最大級の779万人(2018年3月)
  • 転職決定数No.1(楽天リサーチ/2015年)
  • リクナビNEXTだけの限定求人が約85%(2015年)
  • 毎週水曜日、金曜日更新

口コミピックアップ

4 stars
これまで日系企業に勤めていた人であっても、自分のキャリアが活かせる少数精鋭の外資系企業に転職することができます。私もビズリーチのヘッドハンターを通じて外資系企業の案件を紹介してもらいました。有名な外資系企業だけでなく、マイナーな企業も扱っているので視野は広がりました。外資系企業に興味を持ち、上昇志向の貪欲な人にはおすすめできます。
3 stars
良い条件のキャリア情報を得るためには追加料金が発生するという点で他のサイトとは大きな違いがあります。ビズリーチは実質的に有料の転職サイトですが、その分だけ高キャリア、大企業や有名企業の採用情報が多いのも特徴です。外資系企業の求人も他のサイトと比べるととても多いように思えますし、高キャリア、ハイクラスの情報を求めている方、特に外資系金融に関しての情報を求めている人にはおすすめのサイトです。
エン転職
2 stars
外資系企業検討者の評価 2

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数はリクナビNEXTに続く規模の約600万人(2018年6月)
  • 取材情報の厚さに加え、面接サポート機能なども充実
  • カイシャの評判(口コミサイト)と合わせて利用するユーザーも
  • 毎週月曜日、木曜日更新

口コミピックアップ

3 stars
求人検索で外資系企業のみを絞り込んで表示することができ便利です。私がチェックしていた時でも3000件以上は出てきていたので、扱っている情報量としても多い方かと思います。外資系企業の求人はそもそも扱っているサイトが少ないので、ビズリーチとキャリアカーバー、マイナビ転職エージェントサーチの3つを併用しながら情報収集はしています。検索すると個々のエージェントが扱っている外資系求人が表示されるので、外資系企業の転職に強いエージェントを探す際の目安にもなるかと思います。
2 stars
外資系企業に絞って探す人の場合、エン転職のサイトだと情報が物足りないことが多いと思います。掲載がなくはないものの、他のサイトにも掲載が出ているような大手企業が多いかなと思います。裏を返せばある程度安定した規模の企業が探せるのがエンの強みなのかもしれませんが、英語でのコミュニケーションを前提とするような企業の募集情報などは少なく、規模は大きくても全員が普通に日本語でやり取りして外資系をそんなに意識することがないようなアメリカ系の一部企業くらいだと思いました。
マイナビ転職
1 stars
外資系企業検討者の評価 1

サイト特徴、強み、ポイント

  • 会員数は国内トップクラスの459万人(2018年4月)
  • サイト会員の約60%が34歳までの若手社会人
  • 業界最大級の転職フェアは全国25箇所、年間50回以上
  • 毎週火曜日、金曜日更新

口コミピックアップ

3 stars
求人検索で外資系企業のみを絞り込んで表示することができ便利です。私がチェックしていた時でも3000件以上は出てきていたので、扱っている情報量としても多い方かと思います。外資系企業の求人はそもそも扱っているサイトが少ないので、ビズリーチとキャリアカーバー、マイナビ転職エージェントサーチの3つを併用しながら情報収集はしています。検索すると個々のエージェントが扱っている外資系求人が表示されるので、外資系企業の転職に強いエージェントを探す際の目安にもなるかと思います。
2 stars
外資系企業に絞って探す人の場合、エン転職のサイトだと情報が物足りないことが多いと思います。掲載がなくはないものの、他のサイトにも掲載が出ているような大手企業が多いかなと思います。裏を返せばある程度安定した規模の企業が探せるのがエンの強みなのかもしれませんが、英語でのコミュニケーションを前提とするような企業の募集情報などは少なく、規模は大きくても全員が普通に日本語でやり取りして外資系をそんなに意識することがないようなアメリカ系の一部企業くらいだと思いました。

転職サイトランキング(タイプ別9ジャンル)

50代の転職、結果を出すにはどうすればいい?

スカウトメールをチェックする50代のスーツ男性
50代になると子供の進学に伴う教育資金の問題、住宅ローンの返済や親の介護に関する問題が大きな負担になってきます。また、近年は時代の変化が早く、会社の先行きが不透明になり、給与や年収が思ったように上がらない、その上リストラに伴う早期退職社員の募集や退職勧奨、知人が新しい仕事に転身したといった話も耳に入るようになり、会社を辞めるという選択肢も時には頭をよぎるようになります。
ここではもし50代の皆さんがこれから転職を目指すのであれば、どういった活動や行動が必要になるか、そしてどういったサービスを活用して有益な転職情報を得るべきか、転職サイトや転職エージェント、ハローワークやその他のサービスも含め、できるだけ役立つ、新たな転職につながる情報をご紹介していきたいと思います。
特定の業界、職種に関する経験をしっかり持ち、強みを活かした転職なら
もし特定の業界、職種で長年働き、その経験と実績を活かしてさらなるステップアップ、好条件の転職を目指すなら、基本的には民間の転職サイトや転職支援サービスを活用することをおすすめします。
50代になるとハローワークを活用して求人情報を探す人も増えてきますが、ハローワークに集まる求人情報は中小企業や零細企業、地域地場の会社のものが多く、高い役職や高年収、好条件を提示するような求人情報は少ないです。未経験から就ける仕事、すぐに働ける職場を探すという意味では有効性はありますが、そもそも無料で幅広く人材の募集がかけられる公的機関という特性上、集まる求人もその前提を踏まえたものが多くなっています。
近年はリクナビNEXTやマイナビ転職など、転職と言えばお馴染みの求人広告媒体に加え、管理職経験者や経営幹部、専門性が高い職種の人の転職に特化したハイクラス転職サイトと呼ばれるようなサイトも増えてきています。この分野の先駆けはテレビCM等でもお馴染みのビズリーチですが、その他にも人材大手のリクルートが運営するキャリアカーバーなども利用者を増やしています。
こういったハイクラス転職サイトは高いポジション、高年収の採用情報の収集、掲載に力を入れていて、常識の枠にはまらない採用案件、スペシャリストを求める企業や企業の代行を務める転職エージェント、ヘッドハンティング会社が採用情報を掲載し、メールでのスカウトやオファーも活発に行われています。
未経験の職種にチャレンジしたい、まったく異なる仕事への転職なら
求人情報を探す50代のカジュアル男性
企業が中途採用を行うそもそもの目的や需要を踏まえると、50代は培った経験やキャリアを活かしての転職が鉄板のルールとなりますが、中にはこのタイミングだからこそ新しいことにチャレンジしたい、未経験から頑張っていきたいという方もいると思います。そんな方が転職活動を始める場合はまず、やりたいこと、もしくはやりたくない仕事の内容を先にイメージしておく、そして何より年収や給与といった待遇条件の妥協点、譲歩できるポイントを必ず考えておく必要があります。ここで収入はどうしても下げたくない、家族の説得や同意が困難となると、転職せずに今の会社に残るという選択肢も担保しておく必要があります。
逆にもし一定の妥協点、譲歩できるポイントが作れるのであれば、仕事の選択肢は広がってきます。もちろん、50代で未経験からと言うと不採用になってしまう会社もたくさん出てきますが、職種や給与面で柔軟に対応できるのであれば、戦力として求めてくれる会社もあるはずです。ただし、50代の正社員転職の活動は長期化する傾向があるため、最低でも3ヶ月から6ヶ月程度の生活費や交通費をあらかじめ考えておくことをおすすめします。この点についてはハローワークの失業保険、手当を活用して生活費を補完し、その間に職業訓練に通って新たなスキルを身につけるという方法も1つの有効な手段、対策になります。
そして一番大切な問題は、やりがいや働きがいを感じつつ、未経験から採用してもらえる企業、求人をどうやって見つけるかです。こういった方の場合はかなり積極的な情報収集を行い、面倒くさがらずにたくさん行動するという姿勢が必要になってきます。チャンスはどこに落ちているかわからない、企業側の採用タイミングを逃さないという考え方をベースに、まずは網を広げて総合転職サイトから分野別の専門転職サイトに至るまで多数のサイトに会員登録を行っておき、地域の求人情報を管轄するハローワークにも足を運び、その中から段々とメイン媒体、転職サイトを絞り込んでいくという方法になります。
50代、未経験歓迎の求人ばかりを集めた専門サイトは残念ながら存在していないため、あらゆるサイトを利用する中で可能性を見つけていく作業が重要になります。もし仮に就きたい職種、ジャンルがはっきりしている場合は、indeedに代表されるような求人情報検索エンジンを活用し、能動的に隈なく検索をかけていくのも有効な対策法になります。
特定の地域や地元にこだわる、転勤がない仕事を求めての転職なら
転勤がない地元の仕事を探す男性
事情があって特定の地域内や地元での転職先が必要、他の都道府県に転勤がない会社、仕事に就きたいという場合は、総合転職サイトへの登録とハローワークへの求職登録、そして求人情報検索エンジンの活用という3つを同時並行的に進めていくのが基本の戦術になります。総合転職サイトの場合は地方になればなるほど掲載されている求人広告の件数が少ないというのがネックにはなりますが、近年は選考や面接の手間を省くために敢えて求人広告を掲載せず、スカウトメールで人材に声をかけている企業もあるため、リクナビNEXTなどのスカウトが活発な大手総合転職サイトにも必ず登録しておく必要はあります。
また、ハローワークの場合は最も地域、地元の求人情報が多く集まっているものの、給与が安い求人が多い、職場環境や手当類の支給条件が厳しく、いわゆるブラック企業や採用意欲が高くない空求人と呼ばれる内容のものが不満のポイントになってきます。それでもこまめに足を運び、定期的に求人を閲覧したり、紹介状をもらったりする作業は必須となりますが、はたらいく、タウンワークなどの地域密着型の求人情報の掲載が多いサイトと合わせて活用することで、情報に出会えるチャンスは高めることができます。さらにindeedに代表されるような求人情報検索エンジンを活用し、地域名+50代歓迎、中高年歓迎、シニア歓迎、年齢不問などのキーワードで積極的に検索をかけるのも有効な方法になります。
加えて地域にこだわる方の場合は、新聞に折り込まれている求人広告や地元のフリーペーパーをチェックするのも有効な手段になります。これらの媒体に載っているのは地元の会社や事業所が多く、地域で人気の会社や職場が稀に欠員補充や急募の採用情報を掲載していることもあるからです。新聞は若い人の購読率が低く、それを理解した上で企業が募集をかけていることも多いため、50代、シニア層にとっては掘り出しものと言えるような情報が出ていることもあります。
事情があって収入も必要、働く時間帯も限られてしまうという状況の場合は
生活を支えるために忙しく働く男性
複雑な事情があってできるだけ高い収入が必要、さらに家族の面倒を見るために働ける時間帯にも限りが出てしまうという難しい状況の場合は、一般的な会社への転職、入社だけでなく、その他の働き方も合わせて検討する必要が生じます。具体的には副業や自営業(独立開業)といった選択肢です。これらを組み合わせることで収入面をなんとか確保する、自宅もしくはそれに準ずる距離の場所で働くといったことができる可能性はあります。
例えば週に何度か、もしくは毎日特定の時間帯は会社員として働き、その他の曜日や時間帯は副業や自営業としての仕事を行うという考え方です。もちろん、自己管理能力とスキルが求められることにはなりますが、回すことができれば一定程度の収入にはつながります。近年はクラウドソーシングと呼ばれるインターネットを活用した業務委託型の仕事、副業、お小遣い稼ぎが行えるサイトも登場し、フリーランスの人から主婦の人まで利用者は徐々に増えてきています。ここで得られる金額は毎月数十万円から数百円まで仕事次第で様々ですが、自分のスキルが活かせる副業という意味では検討するのも良いでしょう。
また、独立開業という方法についても、近年は検討するきっかけになる情報がインターネット上で増えてきています。独立開業、自営、フランチャイズに関連する様々な業態の情報を比較できる、詳細な資料を無料で簡単にダウンロードできるサイトもあり、リクルートが運営するアントレ以外にもいくつかのサイトがあります。転職活動を機にこういったサイトをチェックし、新たな可能性を検討してみるのも1つの対策になります。
一見すると難しそう、そんなにお金にならなそうというイメージがあるかもしれませんが、定年がなく、一生の長い視点でコツコツ取り組めるのも副業や独立開業のメリットです。ただし、独立開業に関しては最低限の開業資金(元手)が必要なものが多いため、どの程度までの投資、リスクを許容するかは考えておく必要があるでしょう。
50代の転職活動で転職エージェントはどのくらい役立つ?
転職市場の動向を伝えるキャリアアドバイザー
近年は転職エージェント(人材紹介会社)の転職支援サービスを利用して転職する人が増えていますが、50代という年齢で紹介してもらえる求人があるのか、紹介してもらえたとしても内定が獲得できる見込みがあるのか、気になる方も多いと思います。転職エージェントやヘッドハンティング会社のビジネスモデルは中途採用を行う企業側から紹介手数料をもらう形になっているため、企業側のニーズに寄った求人の取り扱いしかなく、実際のところこの手段で転職先を見つけるのは難しいのではないか?と考える方もいると思います。
この点について先に結論から言うと、できるだけ候補となる企業の情報を集めたい、可能性を作っておきたいと考えるのであれば、登録しておいて損はありません。例えばこの20年は日本を代表するような大手製造業などでもリストラが繰り返され、その度に50代の方々が転職先を見つけるために転職エージェントを活用する姿を見てきましたが、一部の方々はそれによって新たな転職先を見つけています。
もちろん、30代や40代と比較すると求人情報の数自体は減りますが、企業によっては培った経験や知識をうちの会社で活かしてほしい、管理職を務められる人材が不足しているなどの理由で、転職エージェントに採用の依頼を行う会社も結構多く存在しているのです。この点は特定の地域に地盤を置く地元の優良企業や海外勤務案件でも同じようなニーズがあります。
ハローワークに集まる求人と比較するとハードルが高い案件が多いと感じるかもしれませんが、その反面でそれなりの待遇条件や役職を提示してくれる企業に出会える可能性もあります。無料で登録でき、希望条件に合う案件が入ってくればお知らせをしてくれる仕組みなので、すぐに良い求人に出会えるとは言い切れないものの、情報獲得の補完的な手段として登録しておくのはおすすめできます。
書類選考の通過率を上げるなら、転職エージェントの添削アドバイスは有益
転職エージェントの活用に関して案外見落とされがちなのが、求人紹介以外のサポートサービスです。中でも職務経歴書の作成、ブラッシュアップに関しては、転職エージェントは多くの知見、ノウハウを持っています。これまでに数多の転職者の職務経歴書を見てきた経験、そして企業ごとの採用のクセや好むポイントなどを各論で把握し、データベースとして蓄積しているため、書類選考の通過率を向上させることについては自信を持っているエージェントが多いです。
一方で転職者側は一生のうちに転職の機会が数回程度しかないため、実は上手に職務経歴書が作れる方が少ないです。企業が求める方向に合わせて職務経歴を整理して提示する、企業が好むセールスポイントの打ち出しを行うなどの点で、うまくいってない方が多いのも事実です。もし転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーと面談する、やり取りを行うという機会があれば、職務経歴書の書き方、打ち出し方についても助言を求めることをおすすめします。50代になってくると書類選考の段階で弾かれてしまうことも多くなるため、クリアする確率を向上させるのも成否を分ける重要なポイントになってきます。
納得できる転職先を探すなら、使える手段を総動員して情報を集めるのが鍵
企業の人事担当者は常に、ターゲットとする人材像や費用対効果を考えながら、求人広告媒体を使い分けて採用活動を行っています。例えば大手総合転職サイト同士でも比較を行い、今回はリクナビNEXTで募集を行うが、マイナビ転職では行わないなどの決断を行っています。つまり、似たような転職サイト同士でも掲載されている案件の中身は異なってくるため、面倒くさがらずに多くのサイトに会員登録を行っておき、有効な情報に出会える可能性を創っておく作業が転職の成否を分ける大事な鍵になるのです。
幅広い業界、職種、企業の情報が集められる総合転職サイト、そして特定の業界、職種、地域に専門特化した情報が集められる専門転職サイト、さらに地元地域を管轄するハローワークに集まる情報、そして企業の採用ページの情報をまとめてチェックできるindeedのような求人情報検索エンジンも活用して能動的に情報を取得する。
念のため転職エージェントにも登録を行っておき、新聞に折り込まれる求人広告やフリーペーパーもたまにチェックする。最初は可能性があるものをたくさん組み合わせ、徐々に有効な情報源に絞り込んで活用していく。結果的に転職活動に要する期間を短縮することにもつながるため、こういった形で活動を進めていくのが良いでしょう。

職種別の新着求人を詳しく見る

地域別の新着求人を詳しく見る