わからないことだらけの転職活動に。キャリア形成や転職に関する疑問や不安の解決、ちょっと役立つ知識や活用術などを発信しています。
Jobmark(ジョブマーク) > みんなが知りたい転職のこと > ちゃんと考えてる?面接で好印象を与えるネクタイの選び方

ちゃんと考えてる?面接で好印象を与えるネクタイの選び方

人の印象って服装でかなり変わってくることはご存じですよね?転職活動における面接の場面でも、面接官は見ていないようで、実はしっかり見ています。いつもお決まりのスーツ、無難な色のネクタイで、失点を最低限に抑えようとするのも悪くないですが、センスの良いネクタイをさりげないアピールポイントにして、面接官に好印象を与えることも可能なはずです。そこで今回は「面接で好印象を与えるネクタイの選び方」というテーマで解説していきたいと思います。

ちゃんと考えてる?面接で好印象を与えるネクタイの選び方


黒系スーツを着用する場合のネクタイ選び


面接など公の場に着ることが多いのが「黒系スーツ」。黒系スーツには、様々な色のネクタイが合わせやすいので、面接に行く会社次第で使い分けることができます。例えばちょっとお堅めの会社なら、青系のネクタイを選ぶなどもよくあることかもしれません。青系のネクタイは「信頼感」や「誠実さ」「落ち着いた」印象を与えます。


もし面接先がフランクな感じの会社なら赤や黄系なども。そのままの原色は避けたいものの、落ち着いた素材、色使いをベースにした少しだけ派手なネクタイも悪くありません。ネクタイがちょっと派手でも、地味目な黒系スーツなので、全体的なバランスは悪くないでしょう。


赤系のネクタイは、面接官に自分の「存在感」をアピールし、「活力」を印象付け、「ポジティブ」な自分をアピールすることができるでしょう。黄系のネクタイは、 面接官に「明るい自分」を印象づけることができて、「ユーモア」があってコミュニケーション能力が高いイメージを与えます。


グレー系スーツのネクタイ選び


ビジネスシーンで欠かせないのがグレー系スーツ。グレー系スーツは、大人らしい落ち着きを感じさせ、面接にも十分に使えるスーツです。特に、グレー系のピンストライプスーツには、白地にチェックのネクタイがよく似合います。チェックのネクタイは面接官に「爽やか」で「新鮮」な印象を与えます。また、さりげないピンク系のネクタイもグレー系スーツには良く合いますよね。


ピンク系のネクタイは「やさしい」イメージを演出し、全体の着こなし次第で、女性の面接官に対して好印象を与えるかもしれません。自分の顔はちょっと強面だよなぁと思っている人は、ピンク系のネクタイで優しさをアピールしてみるのも良いかもしれませんよ。


さらにブラウン系のネクタイもまた良く合います。ブラウン系のネクタイは「調和」を印象づけ、面接官の心を落ち着かせる効果も期待できます。


ブラウン系スーツのネクタイ選び


結婚式などのフォーマルな席で、お洒落な人がよく着ているのがブラウン系スーツ。面接の場でもマイナス点になることは少なく、肌が白い印象の人でしたらお似合いのスーツです。ネクタイと同様、ブラウン系スーツは「調和」を印象づけ、面接官の心を落ち着かせる効果が期待できます。


そんなブラウン系スーツに合うのは、小さい柄やドットが入ったグレー系のネクタイで、面接官に対してクールさ、知的さをアピールできるでしょう。もし体型がちょっと太目という人は、グレー系のネクタイを選ぶと、引き締まった印象を与える事も期待できます。また、案外グリーン系のネクタイもブラウン系スーツには合います。あくまでも全体の着こなしの雰囲気次第で、人によっては少し勇気がいるパターンかもしれませんが、グリーンのネクタイによって、控えめな中にもきちんとした存在感がある自分を印象づけることもできるでしょう。


最後にまとめ


面接のシーンにおいて、「第一印象」はとても大切なもの。スーツと合わせるネクタイ選び次第で、あなたに対する第一印象も変わってくる、逆の言い方をすれば印象をコントロールすることもできると言えます。あくまでも自分の顔や体型、そして着用時の全体コーディネートに合わせて考える事が大切ですが、あなたの弱点を克服する、良い面をさらに引き出してくれるネクタイ選びを考えた上で、面接に臨みたいものです。いつものことにほんの少しのプラスアルファで、あなたへの見方も変わってくるものですよ。


(寄稿者:ハンターさん)

転職サイトランキング(タイプ別9ジャンル)

正社員の新着求人情報(224066件)

こんな記事もチェックされています

新着求人を探す