わからないことだらけの転職活動に。キャリア形成や転職に関する疑問や不安の解決、ちょっと役立つ知識や活用術などを発信しています。
Jobmark(ジョブマーク) > みんなが知りたい転職のこと > 転職エージェントが面談を行う7つの理由

転職エージェントが面談を行う7つの理由

転職エージェント(人材紹介会社)のサイトからWeb登録を行うと、キャリアコンサルタントと呼ばれる担当者から「一度面談させてもらえませんか?」という連絡が入る場合があります。今回は初めて転職エージェントを利用するという方のために、キャリアコンサルタントが面談を希望する具体的な理由、その目的などを解説しておきたいと思います。

0122.gif


そもそも、直接会って面談を行うのはなぜ?


面談って面倒くさいかも。そもそもなぜ面談を行うんだろう?もしあなたがそんな風に思ったなら、ぜひ以下の7つの理由を読んでみてください。転職エージェント(人材紹介会社)のキャリアコンサルタントが転職希望者と面談を行う理由、その目的や背景、面談にあたって大切に考えておいた方が良いことなどをまとめてご紹介します。


【1】転職理由とキャリア、今後の希望を知るため


キャリアコンサルタントにとって「面談」は重要な仕事です。転職を望む人に対してどのような企業、情報の紹介が必要なのか?その人が置かれている現在の状況、なぜ転職を考えているのか、これまでに経験してきた業界、職種、会社における担当や業務の内容、それらを踏まえて今後どういった転職先を目指したいと考えているのか、こういった事を知るために直接会って対面でコミュニケーションを行います。


【2】転職希望者の考え方や価値観を知るため


キャリアコンサルタントにとって、転職を望む人の「考え方」や「価値観」を知るのも重要な仕事です。キャリアコンサルタントは転職を望む人と、人材を求める企業の「橋渡し役」であり、双方が納得しなければ入社も転職もありません。また、企業サイドにも様々な考え方や価値観があります。更には考え方や価値観に適した情報の紹介ができれば、コンサルタント自身の信頼、効率向上にもつながります。つまり、考え方や価値観に即した転職先を考え、より適したマッチングを行うために面談を行います。


【3】転職希望者の性格や人柄を知るため


転職を望む人の性格や人柄を知るのもキャリアコンサルタントの仕事の1つです。例えば人と話すのが好きなタイプや苦手なタイプの方もいるでしょう。そしてまずは行動してみるタイプの方もいれば、考えに考えてから行動に移すタイプの方もいるでしょう。その他にも楽観的な性格なのか、悲観的な性格なのかも面接の選考を考えると気になるポイントです。こういった内容を把握し、適した情報の紹介を行うのも面談の目的の1つになります。


【4】転職活動を始めてから現在までの経緯を知るため


その他にも面談を行う理由、目的があります。転職を望む人が転職活動を思い立ち、活動を始めてからどのような経緯、結果となっているのか?この点も情報の紹介にあたっては重要なポイントです。これまでに応募した事のある企業、職種、応募経緯や選考結果などを知れば、考え方と実際の行動の一致性、ズレ、好み、志向などを知る事ができます。これらを踏まえた情報の紹介を受ける事は転職する側にとってのメリットにもなります。


【5】現実的にこだわりたい点、妥協できそうな点を知るため


世の中は大概、全てが希望通りに進むという事はありません。これから探す転職先に期待したい役職のこと、仕事内容のこと、給与を始めとした待遇面のこと、他にも転勤のことや職場環境のこともあるでしょう。これらが全て転職希望者の思い通りになる事はまずありません。どれかの希望が叶い、どれかに妥協せざるを得ない、そんな状況も多く発生します。コンサルタントはそんな状況が生まれる可能性も踏まえ、面談でこれらの優先順位を知り、現実的な求人と照らし合わせて、情報の紹介を行なっていきます。


【6】信頼関係を作り、モチベーションを持ってもらうため


キャリアコンサルタントが面談を行う理由はコンサルタント自身のためだけではありません。転職と挨拶を交わして段々と語り合う事で、将来の夢や目標に一步近づくための機会を手に入れるための活動である。そのためにお互いに前向きに頑張ろう。そしてコンサルタント自身もそれらをアシストできるように内定につながるよう情報提供を目指すといった形で、お互いの信頼感とモチベーションを作っていくのです。


【7】本音での選考対策、アドバイスを行うため


キャリアコンサルタントという仕事は、転職を望む人と本音で話せなければ務まりません。しかし転職する側にとってみれば、面識のない人間にいきなり改善点やアドバイスと言われても、あまりピンとこなかったり、失礼だと感じる人もいたりします。そのため面談という機会の中で互いの信頼関係を作り、本音が話せる土壌を整えてから、改善した方がいいであろうポイントを具体的に挙げてみたり、内定につなげていくためのアドバイスを行います。


面談を利用して、転職エージェントを上手く活用する


転職エージェント(人材紹介会社)のキャリアコンサルタントと面談する際は、何より本音で真剣に話す事が大切です。本音で話さなければキャリアコンサルタントからも適切な情報が出てこず、的外れの情報ばかりが届き、お互いに意味がなかったということにもなりかねません。また、あなた自身もキャリアコンサルタントが信頼に足る人物なのか、本音で話してくれているのかどうかを見ていく事も必要です。

面談を上手に利用すれば、知らない情報に出会えたり、転職市場の動向を詳しく把握できたり、役立つアドバイスがもらえる機会にもなります。転職というのは全てを人任せにはできないもの。エージェントの情報力や対応力に期待を持ちつつも最後は自分で決める。また、時には自分から前向きに協力し、エージェントが動きやすいように配慮してあげるのも、エージェントを上手く活用するための秘訣です。

転職サイトランキング(タイプ別9ジャンル)

正社員の新着求人情報(212638件)

こんな記事もチェックされています

  • 転職支援サービスはなぜ無料?

    一般的な転職エージェントでは、転職希望者に対しての転職支援サービスを全て無料で行なっています。例えば採用活動を行なっている企業の求人情報を本人の経験や希望条件に合わせて探して...

  • 転職サイトは二段構えでの登録が重要

    転職活動を始める際に今や必ずといっていいほど一般的に利用されているのが「転職サイト」。数ある転職サイトの中には、自分で求人情報を探して応募するスタイルのサイトや、自分のプロフ...

新着求人を探す