わからないことだらけの転職活動に。キャリア形成や転職に関する疑問や不安の解決、ちょっと役立つ知識や活用術などを発信しています。
Jobmark(ジョブマーク) > みんなが知りたい転職のこと > 突然ヘッドハントの電話やメールが来るのはなぜ?

突然ヘッドハントの電話やメールが来るのはなぜ?

実際にヘッドハントを受けた事がある方であればわかりますが、ヘッドハンターからのコンタクトはある日、突然にやってくる事が多いものです。具体的にはメールや電話、最近ではFacebookなどのSNSを介してコンタクトを取ってくるヘッドハンターもいます。しかし彼らはどうやってあなたの事を知り、どうやって連絡先を知り得たのでしょうか?ここではこのテーマについて解説していきたいと思います。

集めた情報で人物を見定めるヘッドハンター


ヘッドハンターは多様な情報源をもとにあなたへコンタクトしています


ある日突然、見ず知らずのビジネスパーソンから電話やメールでのコンタクトが。よく話を聞いてみるとそれは「ヘッドハンター」からのコンタクトだった。毎日バリバリと働き、組織で活躍しているビジネスパーソンであれば、こういった経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。ヘッドハンティング・スカウト会社のヘッドハンターから突然電話やメールでコンタクトを受けると驚く方も多いでしょう。しかし彼等はどうやって自分の連絡先が分かったのだろう?と不思議に思う方もいらっしゃると思います。

ヘッドハンティング・スカウト会社のヘッドハンターは当てもなく適当に電話やメールでコンタクトを取っている訳ではありません。多様な情報源をもとに、組織で活躍しているであろうあなたに関心を持ち、コンタクトを行ないます。ここでは具体的にどのような方法でヘッドハンターがあなたの情報を把握しているのか、具体例をご紹介したいと思います。


ビジネス誌や各種インターネットサイト、人からの紹介なども


一般的なヘッドハンティング・スカウト会社のヘッドハンターたちは常日頃から以下のような媒体、方法をきちんとチェックしています。具体的には日経新聞や日経ビジネス、日経系の各業界専門誌、その他マスメディア、専門媒体におけるインタビュー記事、もちろんコーポレートサイトの社員紹介や採用募集ページ、新製品の情報などを告知するプレスリリースサイトも時には役立ちます。また、典型例は展示会や商談会、セミナーなどで交換した名刺、ネット上ではFacebookなどのソーシャルネットワーキングサービスやその友達つながり、これらの情報源をもとにあなたへ電話やメールでコンタクトを取っています。


優秀なヘッドハンターであれば情報を深く、慎重にチェックする


本当に上位層の優秀な人物を求めるヘッドハンティング・スカウト会社、ヘッドハンターであれば、安易に手当たり次第に電話やメールでの件数は追いかけません。追加情報を取得すべく更に情報収集に時間をかけ、業界や企業における評判などもわかる範囲で調べようとします。そしてその上でヘッドハンティングのコンタクトへと進んでいくため、ヘッドハンティングされた側にとっても腰を落ち着けて話が出来る、信頼に足りうる相手になるのです。

一方で「ヘッドハンティングという甘い言葉」をもとに、あなたのこれまでの事を全くわかっていないと感じられるヘッドハンターに出会った場合は慎重に話を進めるようにしてください。相手が自分のどんな部分を評価しているのか、具体的に候補となる企業やポジションがある上でコンタクトをしてきているのか、優秀なヘッドハンターであれば、ごまかす事なく誠実に、無理のない進め方でマナーあるコミュニケーションを取ってくれるはずです。

年収1500万の新着求人情報(2631件)

こんな記事もチェックされています

  • 日本の年間の転職者数はどのくらい?

    日本国内で、毎年どのくらいの人が「転職」をしているかご存知ですか?ここでは2003年からの転職者数の推移データをもとに、転職者数の規模と傾向を解説。既に活動している顕在転職者...

  • 日本人材紹介事業協会とは?

    転職エージェントは人材ビジネス、そして転職支援ビジネスに関わる業界全体の健全な発展、専門スキル向上などを目的として、業界団体、会員組織を運営しています。ここでは日本人材紹介事...

新着求人を探す